新着Pick
101Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ご参考までに、よく報道で取りあげられる人口840万人のニューヨーク市の新規陽性者数はこの1週間100名から150名/日で推移しています。東京都は、人口1400万人で300名ほどを報告しています。

一方、札幌市では、人口約200万人で約140名が報告されましたので、上記2つの地域と比較しても、人口あたりの感染者数が局地的に増加していることが分かります。例えば東京都の人口で換算すると、1日で980人相当の新規陽性者が報告されたことになります。

警戒度を引き上げ、対策が練られる妥当性がこのような単純な比較によっても見えてきます。北海道といっても広いので、道全体で一律の介入をする必要はないと思いますが、少なくとも札幌市のホットスポットでの介入が必要とされており、実際に現実的な一手が打たれたのではないかと思います。
北海道は違うステージに入りました。そして、第一波の時は、北海道を追うように全国で感染が広がりました。学校の全面休校も、北海道の決断が安倍政権の参考となり、全国一斉休校へとつながりました。東京も神奈川も愛知も大阪も、いまは危険水域です。踏ん張りどころです。寒さの中の換気をどうするか、北海道は知恵を出し、その成功体験を全国に広げてほしいです。
警戒ステージ3となり、GoToキャンペーンを除外するか「政府と当該都道府県の調整」が入る段階になりました。引き際の判断が重要になってきました。専門家で構成される政府の新型コロナ対策分科会は「ステージ3以上となる地域が出てきた場合には、当該都道府県を除外することも検討する」ことを求めています。
寒さだけなら、札幌だけこんなに突出しないですよね。
やはり、ススキノかな…
6月と8月に行った時は、東京より感染対策がきちんとしていたと思ったのですが。

今年はもう行けないかな、残念だけど。
温泉は別の場所を考えないと。