新着Pick
963Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
銀行員がMBAから帰ってきたら、バブルが崩壊して浦島太郎に。
不良債権処理の後、リストラも担当。
最後は、けじめをつけて自分も退行。
その後、外資系金融に転じたらリーマンショックが襲来。
そしてHOYAに転じ、社長と共にとサクセッションプランを担当ーー。
カゴメの人事責任者、有沢正人氏はカゴメに移籍するまでの経験の幅が段違いに広い。
だからこそ、「人事」というお仕事への向き合い方の
視点の広さが違うのだと痛感しました。
だからこそ人事としてのポジショントークに走らず
「人事は、現場の痛みを知るべきだ!」と
自らの立場を律する。
何かの専門を「深める」ことは重要ですが
節目節目に、それを「広げる」ことも必要だと
感じたインタビューでした。
●NewsPicks発のキャリアメディア「JobPicks」が立ち上がりました。
https://job.newspicks.com/
こちらも合わせて、皆様のキャリア形成にお役立てください!
「ジョブ型か、メンバーシップ型かの二者一択のような考えはナンセンスだと思います。
まずは業態や、自社の強み、特色、さらに会社の歴史から考えるべきです。さらには、お客さんも重要です。」

という有沢さんの言葉、本当にその通りです。新しいことや、今までと違うことを進めるときに、今までやってきたことを対立軸にしてどちらかしか選べないような議論をしているのをよくみますが、それだけではいい議論はできません。
特に歴史から考えるは重要。今までの積み重ねを無視した議論は、結果的に取ってつけたような施策を生み出すことも。そして他社は他社、自社は自社と線を引くことも大事です。
特集締めは波乱万丈の人生にちりばめられた、熱きビジネスパーソンが残した金言集。日本も捨てたもんじゃありません。
優れたリーダーはみな、人を育てることに長けています。「おのれよりも優れた人間に働いてもらう方法を知る男、ここに眠る」。墓石にそう刻まれているのは、アメリカの鉄鋼王、アンドリュー・カーネギーの墓石だそうです。

さて、今回の特集で一大テーマとなったのは、メンバーシップ型雇用における、「グルグル人事ローテーション」なるもの。実はこれを評価している人、日本にまだまだ多いのではないか、と思うに至りました。

特に、第二回目で、「My 配属/異動ガチャ」について言及したところ、読者の方もコメントでガチャについて言及していただきました。このほかにも個人メッセでも異動ガチャについてメッセージをいただきました。

今回ご登場いただく有沢さんも、「人事のプロこそ現場の痛みを知れ」がモットー。それには、現場の実務を含む「多様な経験」が欠かせない、言いようによっては、配属/異動ガチャですらプロへと続く道。

好奇心がある人やなんでも前向きな人、NP読者には多いように見受けられますが、こうした人は、異動ガチャは成長のチャンス。引いたガチャが何であろうと、「新しい経験を成長に活かす」、「これも何かの縁」と捉える傾向にあるからです。

ただ、ガチャが意味することは、個人の意思がほとんど反映されない、会社主導である点です。人によっては、「この会社は適材適所の人事がなっていない」など、不満を言うスキも与えてしまいます。
メンバーシップ型雇用は年功的な要素が残ると言いつつも、実は、長期的にみると、元々やる気がある・好奇心が高い人と、そうでない人の格差を放置していないか、そうも思いました。

実はこの点についても、インタビューに応じてくださった有沢さんなりの哲学(アート)がありますので、ぜひ、ご覧ください。
今まで読んだNEWSPICKSの記事で一番共感しました。

・ジョブ型がメンバシップ型かに代表されるような二元論で片付けてしまう思考停止
・会社のミッションやビジョンに基づく価値観、
そこを起点に何に対して報酬を払いたいのかという考え方
・仕事に対する報酬という考え

流行りの言葉に惑わされて本質を見ずに導入したり
冷ややかな目を向けるのはダメで、まずは自社がどうなりたいのかという
問を立てるところから始めて、大切にしたいものを明確にすべきだと思います。

その上での手法や制度、だと思います。

人事異動はアート、難しいですが目指すべき姿として
本当にその通りだと思います。


>私に言わせれば、もはや言葉遊びのようなもので、ジョブ型か、メンバーシップ型かの二者一択のような考えはナンセンスだと思います。

>社員の納得感です。それには、評価が公平でないといけません。そのためには、「人の金を払う」のではなく、「仕事にお金を払う」。この発想の転換が必要です。
・人事異動はアート。単に人を動かすのではなく、誰が見ても文句が出ないほどに完璧を目指すのが人事異動。
・人材育成はコストではなく、インベストメント。
・人事戦略は、エッジが効きすぎているくらいがちょうどいい。会社の戦略に常に先行していないとならない。

『人事は経営そのもの』というお考えも非常に共感します。

ジョブ型、メンバーシップ型という言葉に振り回され過ぎず、それぞれの会社に合った働き方を模索していくべきだと改めて思いました。
久しぶりに、すかっとしました。奇をてらった話は1つもなく、そうだよなとうなづけることばかり。なのにできないのは、組織の慣性、思い込みの力がいかに強いかということでしょう。

ウェルチは「人事担当役員はCFOと同等でなくてはならない」といっていました。アメリカでも日本でも人事は奥の院という感じで表に出ることが少ない気がします。人事が戦略であるとすれば、もっと表舞台に立って戦わなければいけないでしょうし、自社の強みを発揮する独自のものを模索しなければいけないーそう改めて思いました。
様々な経験に裏打ちされて、個人的にはとても納得感がある記事。
ジョブ型・メンバーシップ型は言葉遊び的な部分も感じるし、一長一短ある。人事のミッションを「会社と個人のどちらにとっても最高の場となること」とでもすれば、一長一短あるからそれを現実論としてどこにトレードオフを見つけるかとか、意思をもってリスクを受け入れてどちらかに踏み切るかだと思う。
そのなかでカゴメがSuper old fashion Japanese conservative traditional companyから変わっていったこと、トップのコミットメント含めてもっと知りたいと感じた。人事はその国、会社の文化の蓄積でできている点が多いと思い、変えるのはとても大変だし、それを組織全体に浸透させるのはもっと大変。

なお、他の会社に転職できるレベルの専門性、他の職責にチャレンジできるくらいのビジネス共通素養(リーダーシップ、コミュニケーション、財務、英語など)、それを叶えられる信頼残高、ここらへんは意識しながらキャリアを構築できれば、人事制度とか関係なく自分を軸に一定キャリアを築けると思っている。
『それで、私が実際に見てきた実情をトップ3人に示し、「一言でいえば、今のカゴメは『スーパー・オールドファッション・ジャパニーズ・コンサバティブ・トラディショナル・カンパニー(超・旧式で・日本型の・保守的な会社)』です」と、訴えました。』

痛快。

『私に言わせれば、もはや言葉遊びのようなもので、ジョブ型か、メンバーシップ型かの二者一択のような考えはナンセンスだと思います。』


これは本当にそう思う。この二者択一思想に囚われすぎ。昨日のリクルートもそうだけれど、時代と自社にあったものに試行錯誤しながら作り上げていく。時代が変われば当然変わるし、自社の事業内容や年齢構成が変われば当然変わる。そういうものだよね。
目の前に明確なミッションがあるから、それに自分の能力を注ぎ込める。企業が人材を選ぶと同じように、人も企業のジョブを選ぶことができる。いろいろなジョブを経験することで、視野が広がり、大きく育つ。そう感じました。

なんとなく頑張りましょうという風習では、COVID-19パンデミック を乗り越えられないでしょう。
人事を極めてきたプロだからこその記事

とても印象に残ったのは以下の部分
●「人の金を払う」のではなく、「仕事にお金を払う」
●「人件費」という言葉は嫌いです。本来は、人材への「投資額」なのです。

要は、
「仕事の対価」に払うけれど、それは「人への投資」である

ということ。一見、相矛盾するようなところですが、実に人事としての公正性と人への期待性の両立の本質みたいものをうまく表現しています。

人的資本を最大限活用、発揮させる伝道師だからこそのコメントだと思います。
この連載について
新型コロナウイルスの感染拡大を境に、「ジョブ型雇用」へ転換する企業報道が相次いでいる。 「人」に仕事をあてがうのではなく、「仕事」に人を割り当てる雇用スタイルだが、この雇用形態が広がると、我々はどのような働き方の転換を求められるのか? ジョブ型導入企業の最前線や、日本的メンバーシップ型を貫く、あるいは独自ハイブリッドを模索する企業を徹底取材。今後のあり方について、研究する。
キッコーマン株式会社(英語: KIKKOMAN CORPORATION)は、千葉県野田市に本社を置く、醤油を主とする調味料、加工食品の大手企業である。2009年(平成21年)10月に新設分割により3つの事業子会社を設立し、純粋持株会社に移行した。 ウィキペディア
時価総額
1.30 兆円

業績

カゴメ株式会社(KAGOME CO.,LTD.)は、飲料、食品、調味料の大手総合メーカーである。本社機能は愛知県名古屋市中区錦三丁目と東京都中央区日本橋浜町にある。 ウィキペディア
時価総額
2,958 億円

業績

株式会社りそな銀行(りそなぎんこう、英語: Resona Bank, Limited)は、本店を大阪府大阪市中央区に置く、りそなホールディングス傘下の都市銀行。国内で唯一、信託部門を併営する大手銀行である。 ウィキペディア

業績