新着Pick
1001Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
久しぶりの「ディープな科学」です!

日々、リモート会議をこなしたり、講義を受けたりしている読者の方も多いと思います。
リモート画面を通してしか、話したことがないという相手も増えているのではないでしょうか。

そういう場合、果たして対面と同等の、長期的な関係を築くことは可能なのか。あるいは、リモートだけで相手の信頼を得るには、どうしたらいいのか。
心や言語の起源について研究する、東京大学の岡ノ谷一夫教授に話を聞きました。

キーワードは「正直な信号」です。
リモート会議には賛否両論あるかもですが、育児しながらの社会活動参加という観点では、リモートが一般的になってくれたのはほんまにありがたいです。

今まで物理的に参加が叶わなかったものにも参加できるようになったことは最大のメリット。

感染対策しながらのリアル会議が戻ってくるのもよいですが、うまく併用されていってほしいなと思います。
拝読しましたが、バーチャル背景を使わない方がいい理由に全く腹落ち感がありませんでした。お互い会話が飛び交う会議になれば背景なんて全く気にならないと思います。
好き嫌いの世界では?とさえ思ってしまいました。

ただ、そういう会話が飛び交う状況になりづらい(会話が一方方向になりがち)なのは確かです。
個人的には、相手がバーチャル背景かどうかは気にならないのですが、この記事内にあるように、もし「声色とかまでチューニング」されたら相手の心の機微などを読み解くのが難しくなるから困るなぁ、と思いました。

脳の検査で、脳のどの部分が強いかなどがある程度判るらしいのですが、例えば:
言語認識の脳が強い→オンライン会議でストレス無い
相手の表情や声などの視覚情報に強い→少しストレス有り
周囲の環境全体への認知能力が強い→ストレス大きい
みたいな感じになるのかなぁ、と思っています。

自分が、他者とのコミュニケーションや情報処理に、どのインプットや処理を重視している/強みにしているのかが判ると、自分に適したコミュニケーションスタイルが選べそう。

因みに、私は、加工アプリやライティングは使わない派なのですが、その理由は、いつか実際に会った時に「え?実物全然違うじゃん」って思われたくないからだったんですけど、今後はもしかしたらリアルでは一生会わない人と仕事をする事も増えそうですし、前提から考え方を変えないといけないのかもしれないですね…
そうなると、この記事にあるように、実際に会った人は、暗黙的な信頼、長期的な取引を築こうとするので、嘘を吐いたりしたくない、と思うのですが、それも変わってくるのでしょうか…他者との信頼を築く意味とは?みたいな倫理観まで考えてしまいます。
中のグラフが興味深い。
自分自身は世の中全体では相当な異端ということを感じる結果なのだが、対面とテキストが同じくらい。正確には、感情系は対面だし、情報や正確になにかを理解する・伝えるという点ではテキスト。
様々な状態が混在したうえでの調査で、SNSなどバーチャルな関係も含めた数値なのではあると思うが、相手についても自分自身についても、文字の方が反芻して正確に理解がしやすいと思っている。整理するというプロセスが入ったり、整理できていない場合はそれがそのまま文字・構造で出ること含めて、文字が好き。
でもやはり世の中では異端なのだなぁ、と。
相手を理解し、共感し合うには、正直な信号を送ることが大切とのこと。これはオンラインでも対面でも同じことが言えます。

正直な信号という定義にもよりますが、映像を明るくする工夫や、生き生きとした表情を作ることはフェイクにはならないと思います。身だしなみやマナーに近い感覚ではないでしょうか。
インターネットと対面では、情報の伝えやすさはそこまで大きな差がないのに、相手の気持ちを理解しやすい、自分の気持ちを伝えやすいのは圧倒的に「対面」。

オンラインでは「場を共有できない」というのはなるほど!と納得しました。

たしかに腹を立てたり握手をしたり、頬を赤らめたり、その場さえ共有できていればそれだけで成立する感情的なコミュニケーションがあります。それが『正直な信号』ということですね。

オンラインと対面と、双方のメリットデメリットを把握した上で適切なコミュニケーション方法を一人ひとりが確立していかないといけないと思います。
完全に「前提に依存する話」だと思います。

米国のように、住宅が広く、仕事部屋や書斎がある場合には、仮想背景は不要だと思います。

しかし、日本の住宅事情だと、そうはいかないことも多々あります。

雑多な日常が色濃く見えてしまうリアルな背景か、それとは違う仮想背景か、どちらが良いかと考えると、後者だと思います。

また、ZOOMを使う人たちのコミュニティの嗜好もあるので「仮想背景を使わない方がよい」と決めつけるのは乱暴すぎると思います。

多様性が重視される時代なので、この「問い」に関しては「相手の趣向を理解して、相手が好む手段を選ぶ」だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
情報伝達において対面とリモートで差はないが、気持ちを理解したり伝えたりするうえでは対面がリモートにまさるという実験結果に納得。気持ちのやりとりをどう担保するかが、フルリモートでの組織づくりのポイントなのですね…
自分はリアル背景ですね。一応背景に干したパンツや靴下が映らないようにはしますが、自分のすぐ脇が定位置の猫はいつも会議に参加して時折、カメラの前を横切ります。
会議や打合せはリモートの方がずっといい!東京に行くのに片道1時間半以上、往復で3時間がなくなるだけでもう、サイコーw
でも取材で人に話を聞くのは絶対リアルの方がいいです。インタビューの前に、挨拶したり座り位置を調整したり雑談したりする間にいろんなサインを読み取れます。原稿に深みができます。相手から受け取るのは音声と表情の映像データだけじゃありません。そういう意味では、バーチャル背景を使わない方がいいというのはわかります。多くの情報を相手に送ることができるので、より自分を理解してもらえるからです。