新着Pick

トヨタ、生命保険代理事業に参入 全国の販売店へ展開も視野

共同通信
トヨタ、生命保険代理事業に参入 トヨタ自動車の金融子会社「トヨタファイナンス」は15日、保険販売大手の「ほけんの窓口グループ」(東京...
336Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
売れるものは何でも売るですね。
強固な顧客基盤で付加価値を生むのでしょう。いよいよクルマ販売店という業態から変わっていくのでしょうね。
販売店という箱を地域社会でいかに有効活用していくかと考えたら、こういう選択肢もあるし、そこの地域社会から必要とされる窓口として、車の相談のみならず、時代に応じて期待に応えていくのがスマートシティの鍵なんだろうなと感じてます。
トヨタがここまでやるとは「せつない!」感じがします。儲けだけを考えたら、これだけの顧客基盤を持っているトヨタがこれまでやってこなかったのは「甘かった」のでしょう。しかし、ここまでやるなら、自力でできるところまで研究せずに、「ほけんの窓口」と提携して進出するというのは全く「だらしがない」。

顧客の側では「100%無視!」が圧倒的な正解だ。

トヨタが悪いというよりは、保険商品が悪すぎるのですが、それにしても、天下のトヨタがこんなものを売るのか。しかし、そこそこには売れるのだろうな。
次の展開に期待したい。
なぜこれがニュースになる?

日産自動車の子会社である日産クリエイティブサービスは保険代理業を持っており、損害保険と生命保険を扱っていた。東京海上グループに譲渡し、T&Nサービスになった。

ディーラーの中にも、保険代理業務をやる会社(日産プリンス東京?)があったと思う。
営業マンが、損保取扱資格を持っているのは有名な話だ。

これらと、どこが違うのだろうか?
「保険の窓口」との提携だから?

日産クリエイティブサービスが保険代理業を譲渡したのは間違いだったかもしれないというのは別の話。
薄いコミッションでの代理業は収益的には安定的である一方、専業代理店が増え競争は厳しく伸び代は小さいのかもしれない。
自動運転対応体制準備の業態拡大? (←漢字多めにしてみました)
「クルマ購入」というライフイベントに絡めて生保を勧誘することは、とても自然だし合理的。損保商品はデジタルなど非対面化が進むだろうが、生保は引き続き対面がメインになると思う。金融仲介業の新制度を使って、結婚、クルマ、家、出産などライフイベント系異業種からの生保代理店参入も増えると予想。
2つの観点がありますね。
1つは販売シェアNo.1のトヨタが参入する事。少なくとも強制加入の自賠責保険は根こそぎ持っていける(自賠責保険加入時の保険会社なんて気にしてる人はほとんどいない)。

もう一つは安全装置によるリスク回避について当然詳しい為、保険料算出についてコレら安全装置によるインセンティブ(割引)がきめ細かく設定できる。

既存の損保系生保会社から見たら恐ろしい程の脅威だと思いますよ。