130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
地球温暖化問題への意識を高めたことは評価されるべきことだと思っています。ただ、COP25の場などで、彼女に触発された若者が迅速な温暖化対策を求めてシュプレヒコールを上げている様子などを直接見てきた印象としても、彼女の平和賞受賞には違和感しかありません(ノーベル平和賞が、もうなんと言いますか、ナンチャッテな賞になっているのはさておくとして)。

つい先日読んだジャレド・ダイアモンドらの「コロナ後の世界」でも、ティーンエイジャーとしての活動を評価はしつつも、「気候問題をたった8年半で解決することはできないのであって、8年半で許容できる排出量を超えてしまうと騒ぎ立てることは有効ではない」としています。また、同署の中で私が最も共感を覚えたのは「気候変動を善対悪の枠組みにはめることも避けた方がよい。邪悪な企業を打ち負かすという構図は誤りで、エネルギーは我々を貧困から救い出すこともできる。アジア、アフリカはエネルギーなしでは発展できず、発展過程で温室効果ガス排出は更に増大するが、彼らの発展を妨げるべきではない。世界にもっと安価なクリーンエネルギーを供給できるテクノロジーへの投資にコミットすべき」という部分です。気候変動問題はエネルギーと表裏一体です。エネルギーという究極の生活必需品の話をするということは、誰かを「恥知らず」と非難して解決するような問題ではないということ。なのに善対悪の構図に持ち込めば、分断と対立を作り出してしまい、それは解決から遠ざかってしまうのではないか、と思っています。
インドから、COP25に参加していた女性は「電気も通っておらず、安全な水もなく、一人当たりGDPが1ドルというインドの貧困層の実態をグレタさんには見てもらいたい」と言っていました。そういう声もあるということです。

SDGsは多様な課題に目配りするために課題を羅列したのだと思っており、気候変動の「一神教」に陥ることが果たしてよいのか、という問題意識を私は持っていたいと思っています。
環境問題に関するノーベル平和賞というと、地球温暖化を世の中に広く知らしめ、気候変動防止に必要な措置への基盤を築いたとされるアル・ゴア元米国副大統領です。グレタさんが選ばれるとなると、彼が2007年に受賞してから久方振りの、環境関連の平和賞受賞となります。最近の気候変動への意識の高まりをみると、違和感はないですね。

グレタさんが温暖化問題に対して世界中の関心集めたのは確かですが、彼女は環境問題への取り組みをたたえる賞の受賞を、これ以上必要ないとして拒否したこともあります。新型コロナに関する国際的な動きも注目されていますので、最後までどうなるかわかりません。
国際社会の関心がコロナに集中する中、ノーベル委員会が平和賞を通じてどのような政治メッセージを発するか。華々しい表彰式がコロナで規模を縮小される今年は、環境問題がテーマになる可能は十分あると考えています。ちなみにグレタさんは英国のブックメーカーでは最有力候補の一人ですが、事前予測で定番のオスロ国際平和研究所のリストに名前はありません。
グレタさんから平和を感じないのですよね。
むしろ、価値観が異なる人々を断絶に導いている手法は、トランプ氏と良い勝負です。
二項対立で済むほど世界は単純ではない。発展途上国ではまだまだ普段の生活も現代化していなくて水を汲みに行くだけで物凄い時間が掛かるような地域や国もたくさんある。グレタさんの主張は立派だが、これは全員を包摂するものではないし、世界が全て彼女の言う通りになるならそれはみんなで江戸時代くらいの暮らしをしようと言ってるのと同じことになる。飛行機乗らないとか主張や手段は分かるけど、発展した時代に生きる我々が生きていくことに必要なことまで投げ捨てられはしない。なんなら彼女が駆使している手法で声が遠くに伝わるのもまた発達した科学技術の恩恵を受けてるわけで、こうした人類の先達たちの営みや功績に対してまで一顧だにしないように見えるのがいつも納得できないところではある。
相手は子供なんで彼女を非難する訳ではなく、ノーベル賞候補にしようとしている(利権に絡んだ)大人たちを避難したいです。

下記はヨットで大陸横断しても、結局スタッフは飛行機を使うという記事。
物事にはトレードオフの関係が付きものだと思います。
https://www.afpbb.com/articles/-/3240362
世間の目が向いても政治家とジャイアンたちの目が向かなければこのまま破滅に突き進むでしょう。
頼みの綱はイーロンマスク。ムーンショットで破滅をワープするのが逆に現実的な気がします。(火星移住、資源探索)あとは二酸化炭素を吸い上げるテクノロジーを求む。

中国は確かにやっている面もありますが、アメリカ国務省が環境を破壊する中国のエビデンスをズラリと公表もしていました。気候変動でも殴り合うのが凄い。
私はいいと思います。
そして、周りの大人は彼女の将来を見守ってあげてほしいです。
今年のノーベル賞の発表日程は「医学生理学賞が5日、物理学賞は6日、化学賞7日、文学賞8日、平和賞9日、経済学賞12日」となっています。
そろそろ、メディアは彼女を「使う」ことをやめるべきでは?と感じます。

バズる人も大事ですが、現場で地味に成果をあげている方々の方が大事だと思うので。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません