新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分も出戻り。下記の言葉に、ただただ共感する。
『再入社組ならではの価値をあえて言語化してみると、「迎合しないこと」。
一社にずっととどまる社員との違いは、A社だけでなく、B社やC社の流儀も知った上で、新たなDという価値を提示できるということ。所属している組織への愛を持ちながらも、外の世界で得た学びを持ち込んで、よりよくしていく。それが出戻り社員の最大の価値であり、使命だと思います。
1度目よりも2度目の自分のほうが、圧倒的なハイパフォーマーでありたい。そんな気概で、僕は今、ここにいます。』
仕事の原型とも言える達成感の必要性、共感します。
古巣の温かさを感じる対応をしていただけるのは、平井さんの仕事のパフォーマンスのみならず、人間力のなし得る事なのだろうと思います。
BCG Digital Ventures(BCGDV)のジャパンヘッド・平井陽一朗さんの連載第6回です。
---
2016年春にBCG Digital Ventures(BCGDV)東京センターの創設をリードし、開設後は同センターのジャパンヘッドに就任した平井陽一朗氏。

20代の頃にコンサルタントとしての腕を磨いたボストン コンサルティング グループ(BCG)へ出戻り、デジタル領域における事業開発で世界に挑む。

7つもの職場を経験してきた平井氏は、「生まれながらにして、飽きっぽい。常に新しいことに没頭したい」と語る。タフなキャリアを切り開いた仕事の哲学とは。(全7回)

■第1回 三菱商事、BCG、ディズニー…7社で教わったこと
■第2回 三菱商事で学んだ新規事業の企画の通し方
■第3回 三菱商事からBCGに転職した理由
■第4回 ディズニーで学んだチームワークの大切さ
■第5回 「社長失格」、無職になる。最大の反省点は
■第6回 BCGに再入社。「出戻り社員」の価値と使命
■第7回 トップが心がけている「たった一つの大事なこと」
「10年で蓄えてしまったおごりや埃を振り払って、新しい自分になろう」

いいですね。正に再出発。

打ちのめされた体がそう思うまでには、時間が必要だったのですね。
華やかな経歴に外からは見えますが、ご本人にとっては挫折や悩みながらのキャリアだったのですね。事業会社の経営経験を経てからのコンサルは大きな価値があると思っています。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
ボストン コンサルティング グループ (Boston Consulting Group) は、1963年にブルース・ヘンダーソンやジェイムズ・アベグレンらによって設立された、アメリカ合衆国に本社を置くコンサルティング会社である。略称はBCG。 ウィキペディア