新着Pick
499Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
BCG Digital Ventures(BCGDV)のジャパンヘッド・平井陽一朗さんの連載を本日からスタートします。
---
2016年春にBCG Digital Ventures(BCGDV)東京センターの創設をリードし、開設後は同センターのジャパンヘッドに就任した平井陽一朗氏。

20代の頃にコンサルタントとしての腕を磨いたボストン コンサルティング グループ(BCG)へ出戻り、デジタル領域における事業開発で世界に挑む。

7つもの職場を経験してきた平井氏は、「生まれながらにして、飽きっぽい。常に新しいことに没頭したい」と語る。タフなキャリアを切り開いた仕事の哲学とは。(全7回)

■第1回 三菱商事、BCG、ディズニー…7社で教わったこと
■第2回 商社は「初モノ」の仕事をつくることが重要
■第3回 三菱商事からBCGに転職した理由
■第4回 ディズニーで学んだ大切なこと
■第5回 「社長失格」、無職になる。最大の反省点は
■第6回 BCGに再入社。「出戻り社員」の価値と使命
■第7回 トップが心がけている「たった一つの大事なこと」
仕事も含めて、情報からの想像力がとても大切だと思っている。
その情報の先に、リアルにどういう人がどういうことをやっていて、どういう気持ちでいるのか。そこに思いをはせられるかで、様々に摂取する情報からの解像度、世界が立体的に見えるかが大きく変わる。
良い言葉。あらゆる仕事の先に誰かの笑顔がある。
明日以降の内容も楽しみです。
MC自動車部の先輩がこんなところにも!

私も全く自動車は想定外の配属だったのですが、上司含む先輩方に恵まれたのと事業投資中心の部署だったので1年目から事業投資先の経営管理、2年目からは欧州への長期出張、その後関連会社へ出向とエキサイティングな仕事に恵まれました。

今でも交流のある元同僚達は、仕事上の接点は限定的なもののたまに会うとアットホームを感じられる大切な仲間です。
「恐れより好奇心が勝るのでしょう」
安全地帯にいつも自分を置くサラリーマンばかりの中、好奇心に支えられたチャレンジ精神が何よりも大切だと痛感します。

そして、

「あらゆる仕事の先に誰かの笑顔がある」
いいですね。抽象的に、社会のために・・・というより心が踊りますね。
三菱商事の中国総代表は平井さん、
彼のことを書いたと思ったら、違う平井さんだった。
商社、コンサル、エンタメ系数社での経営経験は華麗なキャリア。結果として複数社の多様な経験が、現在のデジタル領域での事業開発に繋がっているのでしょう。

「新卒で入社したのが三菱商事でしたが、2年で辞めてBCGに。続けて、ウォルト・ディズニー・ジャパン、オリコン、ザッパラスと転じて、8年前にBCGに再入社。」
私がイメージするBCGの方の言葉とは思えない言葉。
この二言だけで、平井さんの人生観がわかるような気がします。
すばらしいですね。

(以下、記事中から引用)
「きげんよく、目の前の仕事を楽しむ」
「あらゆる仕事の先に誰かの笑顔がある」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
おお〜、平井さん!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
ボストン コンサルティング グループ (Boston Consulting Group) は、1963年にブルース・ヘンダーソンやジェイムズ・アベグレンらによって設立された、アメリカ合衆国に本社を置くコンサルティング会社である。略称はBCG。 ウィキペディア
三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
4.00 兆円

業績

業績