新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本というか、世界的に見ても、文教向けを除けばChromebook(Chrome OS)のシェアは高くない。日本で使う人が少ないのも仕方ないと思います。
日本で普及しないのは、ソニーやシャープがChromebookを販売していないのも、要因の一つとしてあるかもしれない。
GIGAスクール構想に関連して、文教向けにはNECのChromebookがある。
数年前まで東芝も出していましたが、直近だと日本企業名のブランドはNECのみ。
PCの世界シェア上位の海外企業が主で、日本企業(海外企業の傘下だったりするけど)の存在感は無いですね。色々と配慮があったり、Windowsよりも差別化が難しいのも関係あるのでしょうか。

最近になって、AMDがZenベースのRyzen 3000 Cシリーズを発表。
ローカル処理の高速化、インテルCPUよりも安価でハイスペックなChromebookに期待したい。
10月1日に予定しているGoogleのイベントで、Chromebook関連の発表もあるんじゃないかなと思います。

『AMD、Zenベースで初のChromebook向け「Ryzen 3000 C」 - PC Watch -』
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1278314.html
簡単に言えば、Chomebookは、Googleのクラウド環境で仕事するためのThin Client端末といった感じですよね。

データはローカル端末には一切ないので、セキュリティ面、管理面など、いろいろな意味で便利です。

当然、コストも安いので、何故、もっと企業が活用しないのか?不思議です。
フル活用したいなら、Google環境という縛りがネックかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
コロナで自宅にいる機会が多い中,つい勢いで買ってしまいました.勢いで変えてしまう程度に安価というのは大きい気がします.

ここに書いてあるとおり,起動は非常に早く,ウェブブラウジング程度であれば全く問題なくこなせます.なので,一般家庭でも,ヘビーな使い方をしないのであれば,十分使える端末だなぁという印象です.
一方,Word的な作業もできると思うのですが,どうしても見た目のズレが生じそうで,そういった作業的なのはほとんどしていません...
記事を読む限り、最強というには根拠が乏しいですね。
とはいえ、義理の父にはChromebookを勧めて買い替えました。

60代でも、普通に使えているのがポイントです。
シンクライアントが流行ったことは殆どないのでは。残ってるのは、ATMくらいかも?
オフィスのエクセルが使いにくいのとセキュリティ面での心配を除けば非常に便利なPC
windowsでないと業務には耐えられないですね...。
Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
269 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン