新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本というか、世界的に見ても、文教向けを除けばChromebook(Chrome OS)のシェアは高くない。日本で使う人が少ないのも仕方ないと思います。
日本で普及しないのは、ソニーやシャープがChromebookを販売していないのも、要因の一つとしてあるかもしれない。
GIGAスクール構想に関連して、文教向けにはNECのChromebookがある。
数年前まで東芝も出していましたが、直近だと日本企業名のブランドはNECのみ。
PCの世界シェア上位の海外企業が主で、日本企業(海外企業の傘下だったりするけど)の存在感は無いですね。色々と配慮があったり、Windowsよりも差別化が難しいのも関係あるのでしょうか。

最近になって、AMDがZenベースのRyzen 3000 Cシリーズを発表。
ローカル処理の高速化、インテルCPUよりも安価でハイスペックなChromebookに期待したい。
10月1日に予定しているGoogleのイベントで、Chromebook関連の発表もあるんじゃないかなと思います。

『AMD、Zenベースで初のChromebook向け「Ryzen 3000 C」 - PC Watch -』
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1278314.html
簡単に言えば、Chomebookは、Googleのクラウド環境で仕事するためのThin Client端末といった感じですよね。

データはローカル端末には一切ないので、セキュリティ面、管理面など、いろいろな意味で便利です。

当然、コストも安いので、何故、もっと企業が活用しないのか?不思議です。
フル活用したいなら、Google環境という縛りがネックかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
コロナで自宅にいる機会が多い中,つい勢いで買ってしまいました.勢いで変えてしまう程度に安価というのは大きい気がします.

ここに書いてあるとおり,起動は非常に早く,ウェブブラウジング程度であれば全く問題なくこなせます.なので,一般家庭でも,ヘビーな使い方をしないのであれば,十分使える端末だなぁという印象です.
一方,Word的な作業もできると思うのですが,どうしても見た目のズレが生じそうで,そういった作業的なのはほとんどしていません...
記事を読む限り、最強というには根拠が乏しいですね。
とはいえ、義理の父にはChromebookを勧めて買い替えました。

60代でも、普通に使えているのがポイントです。
シンクライアントが流行ったことは殆どないのでは。残ってるのは、ATMくらいかも?
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
233 兆円

業績