新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フランスは2018年6月に発表された水素普及計画にて、経済合理的なCO2フリーの水素利用を推進すること、このために再エネを活用することを方針づけていました。石炭火力発電所を2022年までに閉鎖、原子力発電比率を2035年までに50%に引き下げを目標としていることも背景にあります。地方自治体と企業が共同で取り組み水素ステーションの整備拡充などをスピーディーに行なっていることが特徴的です。

1日に最大1トンの水素を製造とのこと、工業用だけでも年間90万トンといわれる同国の水素需要と比較すると小規模のように見受けられますが、まずは実証的スタートですね。

参考: 福島水素エネルギー研究フィールド(年間約200トンの水素を製造 )20MWの太陽光発電の電力を活用。水素製造量を調節することにより、電力系統の需給バランス調整を行う。https://www.jaif.or.jp/200309-1
あくまでも実証実験的なプロジェクトですが、類似のプロジェクトは今後欧州でも増えます。

再エネ発電ー>水素化ー>工場、FCV、暖房、(タービン再発電)での使用。
再エネ由来のグリーン水素ベースでのエコシステムの実証実験はドイツがEUの6割程度予定していて、既にマインツ市では(完全グリーンでは無いが)稼働中。
ドイツの研究所の試算では、中東やオーストラリアなど、風況と日照が優位な場所で大量生産すれば、石化燃料並みのコストも可能。

水素の定着は10年以上かかるでしょうが、先ずは第一歩が重要です。
似たようなな水素系プロジェクトの一覧が、公表/非公表ベースで500件ほど一覧表になってますよ
https://www.iea.org/reports/hydrogen-projects-database


3年前に北海道でNEDO実証してましたが事故っちゃいましたね。

NEDOの実証試験設備で水素爆発、配管凍結で想定外の酸素混入2018.05.31
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nmc/18/00016/00003/


結局、電気は電気のまま売った方が高く売れるので、安く済ませようと思うと余剰電力となり、たまにしか発生しないので、電解装置の稼働率が落ちてしまい、そのトレードオフになる。

もう一つは輸送の問題で、風力発電は需要地から遠いことが多い。そうなると、風力発電の近くで水素生産すれば、水素運搬が問題となる。欧州のように天然ガスパイプラインへの水素混合許容度がある程度あれば、パイプラインが近くにあれば幾分かは混ぜられる。日本ではガス機器が対応していないので、すぐには混ぜられない。

一方、需要地近くで電解すると、やはり電力は電力で売った方がよいということになりがち。

風力-水素の難しさは、この二つのトレードオフ問題にあります。

結局、皆さんコメントされている様に、原発+水素がマシな回答になりますが、、、それなら原発の電力ではなく、熱をそのまま使って水性ガス反応して水素製造したほうが、、、
記事では「1日に最大1トンの水素を製造」とあるが、これは最終目標で、当初は1日300キロだ。また、建てられるのは「工場」施設だけではなく、隣に研究所が作られる。
日本には福島にあります。

福島水素エネルギー研究フィールド
https://www.jaif.or.jp/journal/japan/2156.html
冨田有吾さんのコメントが、背景もわかってとてもありがたいです。水素製造が不安定な電源でも可能ならともかく、ベースロード電源は必要でCO2を出さないものとなると原子力が有力であるのは確か。世界では技術開発も進み、より安全で合理的なものも開発されていますが、アレルギーが強すぎる日本は絶望的。このままでは将来は中国の原発を輸入しなければならなくなるかも。
日本発でこういうトピックが出てこないことが本当に寂しい。取組自体はとうの昔から進めているけれども、社会の本気度がないのだと思う。いまだにガラパゴス状態から脱せない日本。というか症状悪化・逆行しているかも。

もう古い記事ですが共有させていただきます。
https://www.sustainablebrands.jp/sp/news/os/detail/1195696_2137.html

「世界で最も持続可能な100社」のランキングが発表され、1位にはデンマークの洋上風力発電最大手のエルステッドが選ばれた。同社は2009年以降、事業の主軸を石炭火力発電から洋上風力発電事業に転換。2023年までに石炭火力事業から撤退を目指す。


注釈
日本のエネルギー企業、インフラ企業も慌てて洋上風力に参入しようとしていますが、発電機はシーメンスガメサ製がベスタス製。人材も慌ててリクルート中。
ここ数十年間にわたる停滞の影響は深刻です。日本没落。
ドイツとドイツが議長国のEUが巨大な再生エネ水素構想を打ち出した流れにのるということでしょう。ドイツの狙いは合成燃料e-fuelにありますけど。
風力発電から水素。日本でも推進して欲しいです。特にガソリン高い離島とかで。