新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学級人数が効果がある事はデータでは全くしめされていないのに、ここで少人数学級を教育の柱にしていくとは、、残念です。

いじめがなくなることを期待できるって、何に基づいて「期待」してるんだろうか。

ただでさえ、教員の採用倍率が実質1.5倍付近なのに、少人数学級を実現し、教員を追加採用することによって、さらに教員の質は低下します。

質が担保されていない状態のクラス数が増えるので、ネガティブ効果が大きい。

さらに少人数学級を実現するために必要な財源もとてつもない。

「30人学級の実現には約4万6千~6万2千人の教員が必要で、国と地方を合わせて約3600億~4900億円の追加予算がかかるとされる」

このお金があったらオンライン教育の整備に活用するべきだ。
何か一つのことを改革してその効果を得たいならば、1つの要因だけを変更するのではなく、その要因変化が「活きること」を可能にするような境界条件とは何かを考えて、抱き合わせで変革する必要がある。この話の場合、少人数学級にするならば、教員の数が必要であると思えるが、効果的に教員の質を担保するためには教員が疲弊しない形で専門性を高める必要がある。日本はとかくジェネラリスト志向なので、小1から小6という幅の広いところを「どこでも教えられる経験」などを相対的に重視するように思えるが、小1と小6では体も心も人間関係の作り方も随分異なる。教員のスペシャリティを高めることにより、教える側の自信や勉強の機会の向上にもつながるはずであり、こうしたことも踏まえて検討されることを期待する。
以下の記事でも書きましたが私は基本的に賛成です。

「30人学級」実現へ法改正求める方針 自民 教育再生実行本部
https://newspicks.com/news/5241128?ref=user_137439

ただし、30人学級化すれば全ての問題が解決するわけではないし、教員の質担保という新しい課題も出てくるので対応が必要だという話です。
EBPMの観点では15人程度であればより明確な効果が出るということは過去の研究から確かですが、では30人では全く無意味とはならないと思います。
また、過去の研究と違って対話型の授業やICT化をセットで考えると、30人学級化することで良い変化を出すことはできるのではないかと考えています。今後も昔と同じ一斉授業をやるだけなら、30人も40人もあまり変わらないでしょうけども。

文科相だけでなく、首相が教育改革の柱に少人数学級制を掲げることは教育への投資が進む大きな契機です。少人数学級実現とそれにともなう課題の解決をセットにして、新政権が学校教育を良い方向に進めてくれることを願っています。
30人の少人数学級は、本当に少人数学級なのでしょうか?
少人数学級の教育効果が顕著になるのは15~20人ともいわれているので、30人程度では労多くして益のない状態に陥ります。

小学校教員の確保が困難になっている状況下で進められる話ではないと考えます。
むしろ、教育の情報化と情報化に対応するための研修などの充実が本丸です。
教員一人あたりの生徒数が少なくなることできめ細かく生徒を見られることは、確かだと思う。教員を増やさなくては対応できないわけで、ただでさえ教員に関する問題も発生する中、誰彼も入れるわけには行かない。

ならば、教員免許という縛りを緩くして、社会を経験している人を受け入れるのも一考かもしれない。必要な科目はオンラインで履修し、教育実習を固めて2週間〜4週間とかではなく、週1、2回で3ヶ月とか半年にするなど、副業でも対応できるようにしたらどうか。

また、生徒のフォローを行うのなら、クラス運営のみ担う教員がいてもいい。カウンセラー資格や心理士資格など専門性あることを学んできた人など。

ともかく、「教員枠増えて入りやすくなった」といういかにもヤバそうな状況を、なんとか質を高めることにつなげたい。質自体、多様性持たせることにしたら教員の世界も変わっていくとは思う。ただ、「俺が教育してやる」的な、熱はあるものの、価値観など押し付けな人は、ありがた迷惑でもあるので控えたいものだけど。
ここは予算取りがんばってください!
日本の学校は児童福祉の機能も担ってるわけなので、子どもあたり大人数の増加は学習効果だけでなく全方位に効果的だと思います。効果出ないとしたら設計もしくは検証方法に課題があるんじゃないかと思います。
ライフスタイルの多様化もあるので、再度になるけど少人数クラスはやった方が子どものためにも教員のためにもなると思うよ。、