新着Pick
209Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「マーケティングにかかる費用を誰が稼いできたのかを理解して1円単位のお金に執着する」
マーケティングなどの戦略的投資の担当者のみならず、上記の当事者意識(経営者視点)を持っているメンバーが集まる組織は強固だと思います。

私は投資と資金調達を司る立場にいますが、お客様からお支払いいただいた1円単位のお金(仲間と稼いだお金)に関する執着を持ち続けるためにも、仲間から依頼された時は勿論ですが、定期的に顧客への提案(営業)の場を自ら創るようにしています。
ラクスルのCMO(最高マーケティング責任者)・田部正樹氏の連載第4回です。
ーーー
新卒で丸井グループに入社し、テイクアンドギヴ・ニーズで事業戦略とマーケティングの責任者を務めて成果を上げた実績から、2014年にネット印刷・集客支援のプラットフォーム「ラクスル」を手掛けるラクスルに入社。

CMOの田部正樹氏は、約50億円のマーケティング費用を投資し、5年で売上高を約25倍に伸ばした。「マーケターではなく、マーケティングが得意な経営者に近い」と自称する田部氏は何者なのか。

大学時代は渋谷のバーの雇われ店長をしていた。「顔が怖い、ただのチャラチャラした人間だった」と語る田部氏の仕事ヒストリーを追いながら、事業を伸ばす独自の哲学を紹介する。(全7回)

■第1回 5年で売上高25倍に伸ばしたマーケティング
■第2回 丸井で不遇な新人時代、ゴスロリ館でPDCAを回す
■第3回 業績悪化、退職者続出、最後に信じられるもの
■第4回 ただのマーケターから卒業、経営者の自覚を持つ
■第5回 成功しても失敗しても、その理由を説明できるか
■第6回 自分の感性をあまり大事にしないほうがいい
■第7回 トレードオフを意識。何かをやれば、何かを失う
とてもいい。
「マーケティングの民主化」という志につながるエピソード。
どの仕事でも、全体感があるかないかで、取り組み方はまったく変わってしまいます。

田部さんという人、それからラクスルという企業の強い理由が見えてくるような回でした。
実に痛快で面白い。
一番グッときたのはこの部分。
本当にその通りだと思う。
会社の危機の時は逃げたくなるが、
逃げたらずっと負け癖がつく。

自分も逃げないで歯を食いしばって良かった。
と思う事が多々ある。
-------------------------------------------------------------------------------------

業績が悪いときに踏ん張って成果を出すと、
自分の戦闘力がぐんと上がる。
だから悪いときこそ辞めずに、
歯を食いしばって成果を上げることを経験してみてもいい。
--------------------------------------------------------------------------------------
”マーケティングの民主化”というコンセプトが秀逸ですね。ラクスルのマーケティングもこのコンセプト化と自ら営業をされて現場のニーズを把握して1円の大切さを追求されている姿は商売人です。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。