84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政府批判をした人物や野党指導者の暗殺は、プーチン政権のお家芸というべきもので、非常に多くの例があります。
 プーチン氏が大統領に就任した1999年以降、明らかに他殺されたジャーナリストだけでも50人以上で、NGO活動家などもやはり数十人が殺害されています。他にも、不審な転落死や事故死の例が多数あります。また、政権批判をした人物は、イギリスやドイツに亡命していても、刺客が送られて殺されています。
 政治家で有名な例は、
2015年:ボリス・ネムツォフ元第一副首相(野党の中心的指導者)、路上で射殺
2004年:ウクライナのユシチェンコ大統領。EUに接近しプーチン政権を批判、当選直前に高純度のダイオキシンを飲まされ危篤に。実行犯はロシアに逃亡。ロシア政府は引き渡しを拒否。
などですが、地方都市の市長などでも、野党系の政治家の例は少なくありません。
 プーチン政権は、ウクライナに侵攻する時も、情報戦やハッキングと合わせて、ロシアに批判的なウクライナ人の暗殺も多用しており、プーチン政権がいうところの「ハイブリッド戦争」の手法の一つといえます。外国との戦争の手法というだけではなく、国内の統治においても、重要な手段として、暗殺が多用されています。
記事中にもあるようにナヴァリヌィは昨年も毒を盛られた疑いがありますが、ロシアが本気で毒殺を企むならばもっと強力なやつを使った筈で、このときは警告だったのでしょう。
対して今回は一気に重体ということですから、いよいよ本気で消しに掛かったのかもしれません。
思えばジャーナリストのアンナ・ポリトコフスカヤも最初は紅茶の毒で意識不明になったのでした(奇跡的に回復するものちに銃撃を受けて死亡)。
ロシアは不自然な事故や転落だけでなく、ポロニウムとかノビチョクなどの毒も使うあたり、なんとも中世っぽさがあるというか、近代のいろんな価値を普通に否定してくるのが…。
政府に批判的な人物が攻撃を受ける事例がこれだけ続き、そのたびに政権の関与が疑われてきたのに、それでもプーチン政権がこれだけ続く理由をどこに求めればいいのでしょうか。
ひとつ思い出したのは「プーチン・ホットライン」。大統領が国民の訴えを直接聞くテレビ番組で、ここで取り上げられた問題が大統領の鶴の一声で一気呵成に動くことが少なくありません。この演出を考えたのがプーチン氏自身なのかどうかは分かりませんが、非常にうまい見せ方であることは確かです。「強いロシア」のアピールと合わせ、国民が求めるものをうまく提供して見せる手法が、さんざん批判を浴びながらも20年大統領の座に座り続けられる理由なのかもしれません。
ロシアでは、ナワリヌイ氏だけではなく、何人もの政権批判者が毒物中毒で入院してきた。
どこからどう見ても毒殺の得意なFSBの仕業だと思うが、いつものように証拠を残さないのは流石。今回はどんな毒が使用されたのだろうか。
中国でもそうですが、独裁政治の元で民主制を訴えることがどれだけリスクがあるか
日本のいわゆるアベ独裁という揶揄がいかに下らないか
日本の政権、政治は普通に民主主義が機能しています
昨年にも、「刑務所内で"毒物"にさらされた可能性がある」とブログを通じて写真を公開していたナワリヌイ氏。容体が心配です。

・刑務所内で「毒物」か? プーチン批判のロシア野党指導者、病院での写真公開(2019年7月30日)
https://www.afpbb.com/articles/-/3237495
・ロシア野党指導者ら千人超拘束 プーチン氏4期目に反対(共同通信)
https://newspicks.com/news/3004345
医師らの努力が奏功することを祈りたい。
ロシア国民はどんな気持ちなんだろうか?

国内メディアの報道も統制されてると思いますが、「これってプーチンじゃね?」って普通考えると思う。
今回が初めてではないし。

やり方が古典的すぎておそロシア。