新着Pick
480Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事を読んで、
・Don't forget your mask のポスター、クール!
・ソーシャルディスタンス・クッションもかわいい。
・トゲが生えた真っ赤なウイルスのステッカーも、パンクでファッショナブル。
って思いました。デザインの力は大事ですね。

コロナで「オンラインで十分、仕事・会議ができる」という世の中になった。
今までは、リアルができないときのしょうがない代替手段の「オンライン」だったが、
今後はオンラインがベースとなり、リアルでこそ価値が高いときの「リアル」となる。

リアルな出社、リアルなオフィスも、「より出勤する価値のあるもの」が求められるというのは本当にそうだと思う。

WAmazingも、完全フルリモートワーク体制になりましたので、今後、リアルなオフィスを持つとしたら、こういうことを考えたいです。

1つ考えているのは、「旅する会社」。
4半期ごとに、日本の魅力的な地域に、旅するようにオフィスを構えたい。
▼日本全国 旅する会社
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO60982780Q0A630C2XY0000/


もう1つ考えているのは、東京都内の拠点。それは、社員同士の交流やビジョンの浸透、印刷や出張の拠点機能など、今までのオフィスとはまた違う目的を強化したい。


・全社員分の座席は必要ない
・オンライン会議が効率的に行える、素敵な1人用ブースを多用
・コミュニケーションスペース、ビジョン浸透を重視したデザイン
・印刷、押印など、紙ベースの事務作業を効率的に行えるスペース
・キッチン、バーなど、飲食しながらコミュニケーションできる機能
・出張者用に便利なスペース
(スーツケースストレージ? 出張セット専用ロッカー?)
・昼寝&マッサージスペースなど
簡単な話、「移動のリスクと、オフィスの利便性のトレードオフ」だと思います。快適に生産性を高められるオフィスであれば、時間をかけてでも行くと思います。

①空調が適切で、マスクをしていても暑さを感じない
②物理的なワークスペースが広い
③ネットワーク環境やディスプレイ環境が良い
④リフレッシュできるエリアがある
⑤有益な雑談ができる

これらを考えると、Weworkが、正しい方向を向けば、大きなビジネス機会があることがわかります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
いまはどこに行っても検温とアルコール消毒ですが、数ヵ月後には違った風景になっているのもしれません。
全ての仕事がテレワークになることはないので、働き方と、人が集まるスペースの「変革」は並行して進むのでしょう。

「広いオープンスペースを20〜30名のチーム用に仕切って使う「ネイバーフッド」。ドアを設けず通気性をよくした1人用作業スペース「オフィクル」。ワークスペースに入る前に手を洗い、マスクを外すための「マッドルーム」」
office(オフィス) の語源はラテン語で,「opus(仕事) facere (する)」から来ているそう.「office」が「事務所」を指すようになったのは産業革命の頃で,工場に対して事務管理を行う空間を office と呼ぶようになったとのこと.たかだか200年の話.仕事することがオフィスなら,仕事する場所を別の名称で呼んだ方が良い.何でしょうね.
リモートワークが一般的になっている状況では、オフィスに求めることが変わってきています。もはやオフィスはいらないという企業もあるでしょう。

COVID-19がオフィスについての再考のチャンスを与えてくれました。
「社員が戻りたくなるオフィス」は、社員が主体的に議論に参加し、自分たちでどういう形が最適なのかを試行錯誤したプロセスの先にしか無い、と思います。故に、人数が多い企業は全体最適化になり難しいですね。

組織として集まっている人がそれぞれ価値観を持っているので、他社事例などを持ってきたところで価値観がフィットしなければ、事例のような効果は期待できないでしょう。
今のような環境下がいつまで続くかわからない状況下で、オフィスというハコモノにどこまで投資をすべきかは難しいところです。

数多ある投資戦略の中で、「オフィス投資こそ、競争優位の源泉となる」という確信が経営陣の中で持てないことには、負債ばかりを抱える結果になるでしょう。

オフィスに投資して実現したいことは、生産性の向上であり、その生産性の向上のために、最もクリティカルなことは何か。それぞれの企業のステージやビジネスモデル、風土毎に最適解を見出す努力が必要です。
「繋がっていることを実感できる場所」ではないかと思います。繋がりには社員同士の繋がりもありますし、自分の仕事が誰の何に繋がっているのかという仕事のサプライチェーンの意味も含みます。オンラインだけでも仕事は成り立つ場合がありますが、得にくい感覚はあるのかなと思っています。
「そこにいること」にどう事業的な意味を持たせるかって、なかなか直面したことのない問いなので、オフィスの在り方は今後経営ポリシーや組織設計ポリシーによって、会社ごとの色がついていきそう。
オフィスに限らず、風が通る、気流がある、換気の良い、空間設計が必要になる、と予想してるのですが、もうそういった変化が現場で出ているのかどうか、が気になってました。