新着Pick
292Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アパレル商品は文化的な商品であり、生地や縫製などの原価から価格やお得感を決めるのは、アパレルのある一面しか見ていないと言えます。
例えば書籍などは紙とインクでできていますがそれだけだと数十円になりますし、アートもそうですね。価格にはクリエイションというものが乗っています。
これを理解できずに原価と粗利のことばかりでアパレルの価格を語っていると、知らず知らずに文化を否定する行為を行なってしまっていると言えます。
服は「頭」ではなく「心」で買うものだと思っているので、原価率からお得感で購買判断するのはピンときませんでしたが、ワークマンやユニクロなどブランドごとに結構数字が違うのは勉強になります。価格が複雑なのもその通りで、ZOZOなどのECプラットフォームで乱発されるクーポンも一因ですね。

安くていいものが増えるのはいいことだとは思いますが、そもそも生産しすぎ・買いすぎのシステムを解決しないと持続性が低いと感じます。

丸井さんが集計している数字によれば、日本の衣料品の年間供給量は27.98億点、一方で消費されるのは13.43億点。廃棄されるのは年間100万トンで、リユース・リサイクルされる割合は3割未満です。
https://www.0101maruigroup.co.jp/sustainability/pdf/s_report/2018/s_report2018_a3.pdf
原価を知るのは大事だと思います。

しかし、原価を語るときにデザイン費、流通・在庫管理費、家賃、人件費、広告費などが語られないことに違和感も感じます。コンビニに並んでいる飲料なんて、原価数円のものもあります。逆に、小売業者が自分たちのPBを作りたくなるのも何に旨味を感じているのか頷けます。

また、個人的な感想ですが「経済を回す」ことを考えると、「安いこと、原価率が高いこと」を第一主義にするのも考えものです。経済全体が疲弊してしまう気がしていて。。。
お客さんは原価がいくらなのかなんて気にしてない。ブランドを作っていくというのはそういう事ではないです。僕らはセールもせず営業利益率が30%近くあります。そんなこと気にしてるのは業界の人間だけ。こういう仕組みでやり続けているから売れてないのに何故気づかないんだろうか。
アパレルほど定価があてにならないものはないと思います。あまりにも値崩れするので、どうやって会計処理してるのか、事業計画がどうなってるのか、と思います。価格管理が大変そう。
ゴルフの例えで申し訳ないですが、この数年定価が上がっています。最大の理由は中古マーケットの充実です。下取り価格が見えているので、定価で買っても気に入らなければ高く売ることができる。そのおかげで恐れず新品を買う事ができるようになりました。
車や家に似ていますね
原価率やセールの割引率に注目すれば「ヤバい裏側」なのかもしれませんが、安く仕入れて高く売るは商売の基本ですし、高く売るための付加価値を求めれば、製品の原価以上に様々なところ多くは(ブランディングにための間接費)でコストがかかってます。
モノだけでなく、コトやトキさえも消費の価値を持つようになっているので、どこで自分が納得するかという問題でしかないように考えます。
スポーツメーカーのアパレルフットウエア以外を商品扱う部署にもいたので多少こういった原価の話は分かるのだが、こういった話は昨今のコスパ重視という考え方に基づくよなあと思う。そりゃブランドも廃れるし、ユニクロすらもブランドになっている気がする。チラシは相変わらず昔ながらなんだけど。

アウトレットも行かなくなって久しいのだけど、基本的には一期一会で次に来てもあるかどうかわからないので、「お!」と思ったら買ったほうがいい、というのが学び。ナイキにいてもアウトレットのナイキに行って買い物してたからな。在庫にもいろいろとあって、アウトレットのその店に何が配分されて何が残っているかわからんもの(調べればわかるかもしれないんだが調べないし、調べる権限もなかった気がする)。

今はわからんけど。
原価の仕組みなどは知っておいて損はないと思います。セレクトなどのオリジナル商品もある程度のセール価格までは利益が出るような原価構造になっている。ユニクロが高いというのは同系列にGUがあることからもその感じになっていてもおかしくはないと思う。
ワークマンの原価率(44.3%)がユニクロの原価率(36.5%)より高いのは、メーカーから商品を仕入れているからだと思います。
もちろん、売価の違いもありますが。

一方で、ユニクロは海外で工場を運営していて大量生産可能です。
この差が原価率の差に出ているのではないでしょうか?

また、品質や着心地、デザインはユニクロに分があると思います。
業界の裏情報って興味津々。どうしてこんなに魅かれるのでしょう(笑)
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.80 兆円

業績