新着Pick
662Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1回目の記事にたくさんのコメントありがとうございました。詳しいご意見も色々頂き、改めて韓国コンテンツに関する高い関心を実感しました。素直に嬉しかったです。

先週の続き、今回は韓国コンテンツが国内市場を越え、グローバル市場を意識することになり始めた1990年代からその歴史や背景についてお話させていただきました。

韓流という単なる社会的現象ではなく、20年以上の流れから見る韓国コンテンツの文化史の中にはまた面白い発見があるのではないかと思います。そして一つの産業を大きく拡大させるためには必ず直面する悩みや選択というものが韓国コンテンツの歴史や背景にもたくさん含まれており、コンテンツ関係者だけではなくビジネスの方々にも新たなヒントが見つかるかもしれないと思います。

今回もぜひ読んでいただけると有難いです。そして1回目のようにコメント欄を盛り上げてくださると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。
カン・ハンナさんによるプロピッカー新書の第二回は、韓国コンテンツの成長の歴史を振り返り、Niziプロジェクトで日本でも注目されたJYパーク氏による10年前のドラマチックな米国市場へのチャレンジも触れました。

グローバル化に至るまでは、コンテンツ業界の地道な積み重ねと、巧みなビジネスの仕組みを作り上げてきた経緯があります。そして、この10年はSNS+スマホ+4Gというテクノロジーの大衆化の時代に乗り、大胆な戦略をとってきた韓国コンテンツ。

今回も構成を担当しました。最近の韓国コンテンツの流行を手がかりに、この記事でもう少し歴史をさかのぼってみませんか。

なぜ、今、グローバルに人気があるのかをより深く理解でき、日本企業のグローバル展開にも手がかりとなるところがあると思います。

バックナンバー
No.1【新】なぜ今、韓国コンテンツが日本を席巻しているのか
https://newspicks.com/news/5133638/
これは保存版。前回の記事はコンテンツの作り方の進化は面白かったもののその背景が分からないとコメントしましたがまさにそこが極めて立体的に書かれている素晴らしい記事
やはり権利関係を整理し売買しやすくしたところが全てのスタートで、大手事務所がとった現地化戦略、投資として儲かると見た政府や民間の資金の流入、日韓の関係悪化を逆手に取ったSNS活用ノウハウの確立などがあって今に至っている流れがよく分かりました
日本はこれだけの多くの人気キャラクターを世界に送り出しておきながら、1つ目の権利関係で躓いていることが多いのと対照的ですね
韓国コンテンツの発展史、知らないことばかりでとても興味深い内容でした。
なるほどと思ったのは2点。

①90年代、日本のドラマがアジアで待望されていたにも関わらず、権利関係が複雑すぎて輸出ができなかった。その状況を見た韓国のコンテンツメーカーは、輸出しやすい「権利関係がクリアな」作品を作ったこと。

②2010年代前半、日韓関係が悪化し、有力な流通チャネルだった日本のテレビで韓国コンテンツが流せなくなった。そのため、当時出たばかりのYouTubeやSNSに活路を求め、結果的に時代を先取りしたこと。

いずれも「時代の変化」をチャンスと受け止め、有効な手を打った好例であり、日本のコンテンツメーカーにとっても学べる点が多いと思いました。
知れば知るほど戦略的。20年かけてグローバルで通用するコンテンツにして一つの産業化したと。政府と企業が戦略的に組みトライ&エラーを繰り返した成果ですね。
このシリーズ面白いですね!この記事を拝読して感じたのは、日本のコンテンツは「土着型」で成功してきたのだな、と思いました。ジャニーズさんや、AKBさんにしても、どちらかというと閉ざされた空間と、特定の場所に深く根を張っていって、マネタイズする。(それがいいか、悪いはではなく)

歌がうまい、ダンスがうまいというよりも、成長過程や苦悩。そして接触の頻度を調整することで、狭く深く、売上を伸ばしていく、いわば土着っぽいな、と。

一方で韓国は、もともと国自体が輸出型の戦い方ですから、YouTubeやSNSなどの外部媒体にうまく乗ったのかな、と思いました。(あと、日本人って体格が小さいのもあると思いますが。。)
年末のグローバルセレブリティ選考 (キュレーションドットコム誌) に向け、
今年はツウィが殿堂入りするであろうから、
TWICE枠を死守できるか? (誰を押し込むか?)
悩ましいところではある。
https://newspicks.com/news/4506127
実際、ドラマとかも面白いんですよね。
ママ世代と話していると、アイドルは日韓ともに好きな人も多いですが、ドラマはかなり差をつけられている印象です。ここにもあるグンちゃんに妻がはまってからの、門前の小僧状態ですが、ラブコメも刑事警察ものも時代ものも、それぞれ作り込まれた面白いものが溢れるほどあります。
脚本がすごく良く勉強されてるし、オリジナリティが高いし、面白い。
「恋つづ」や「倍返し」は確かに良いと思いますが、ホンも役者も層の厚さが違う感じ。
この特集で納得しました。世界が狭くなった今、仕事全般にも通じる真理がありますね。
イベントを政府主導でやったってことかなー。これは日本にない発想だな。

2012年にアメリカで、韓国カルチャーフェスティバル「KCON」をスタートさせたことです。
韓国の音楽、ドラマ、ファッション、ビューティー、フードとあらゆるコンテンツが一堂に会するイベントで、アメリカ開催を皮切りに、フランス、タイ、UAE、そして日本など世界各地で毎年開かれています。
『愛の不時着』『梨泰院クラス』、アイドルオーディション企画「Nizi Project」...全部ガッツリ拝見してましたが、振り返ると確かに流行るべくして流行っているんだなと、という事を実感させられる記事です。カンさん、分かりやすいまとめありがとうございます!
この連載について
教養を身につけたいけども、忙しすぎて学ぶ時間が取れない。一方で、日々のニュースだけでは、体系的な知識を得られない──。そんなビジネスパーソンに向けて、NewsPicks編集部が月ごとにテーマを設定し、専門家による解説記事をお届けする。週末のひとときで、手軽に「新書一冊分の知識」を体得してほしい。