新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ禍の中の異例の原爆の日です。それでも安倍総理大臣のほか、およそ80の国の代表などが参列します。人数の制限や届けられる折り鶴の減少など寂しいニュースもありましたが、このコロナ禍にあって、この式典が開かれる意義をかみしめたいてす。風化させないために報道は創意工夫をしなければいけません。一連の事前報道で目を引いたのはNHKのBS1スペシャルの番組でした。被爆者3人、当時新聞記者だった男性、妊娠中の主婦、小学生の日記をもとにジャーナリストや学生、子どもたちがチームを組んでSNSで当時の様子を再現しながら発信するというものでした。75年前を今にシンクロさせる取り組みは新鮮です。デジタル技術の進展で新たなアーカイブも可能になりました。「この世界の片隅で」のような素晴らしいアニメも登場しています。決意と思いのバトンはつなぎ続けなければなりません。
被爆から時がどんどん経過し、被爆を経験した当事者がいなくなってしまう日は確実に近づいています。核廃絶に向けた運動を次の世代に。これをスローガンとしてではなく、被爆者のみなさんからのバトンをどうつなぐのか、私たち一人一人が自分事として考えなければならないと思います。
コロナ報道に溢れて忘れてしまっていた。
今もオンラン授業で子供たちはこの日に起きていた事を知り、火垂るの墓やはだしのゲンに触れていることを願う。
広島への原爆投下から75周年を迎える今日、全世界が広島と長崎での原爆投下と第二次世界大戦の終焉について黙祷をささげました。

日本で育った米国人として、そして第二次世界大戦に従軍し、日本軍と戦った二人の米兵士の孫としてこれらの出来事は個人的で、且つ「私たちは決して忘れない」という精神は75年前から発展を遂げた日米関係に刻み込まれなければならない。
惨禍を忘れずに銘記するためにも追悼の祈りは大切です。

しかし、忘れてはならないのは原爆の被害だけでなく、なぜあの戦争をしてしまったのかです。
私は、毎年、終戦記念日までの1週間は戦争を考えるための読書を心掛けています。きな臭い昨今の出来事と重ねながら、自分の軸である人材育成を考えてます。
日本人として、1年で一番心が痛む日が、今日だと思います。
コロナの中でも、かなりの外国大使なども参加してくれたようです。
原爆の悲惨さを訴え続けるのは、日本の責務でもあると思います。
米中関係がかつての冷戦時代と同じくらい緊張感が高まる中、大国が理性を忘れて暴走してしまったら、どれだけの悲劇となるか?日本は自戒も含めて国際社会に訴えなければいけないのだと思います。
広島は、原爆が投下されて75年となる「原爆の日」の朝を迎えています。
被爆者の平均年齢は83歳を超えています。被爆体験の継承を被爆者本人がすることは年々厳しくなりつつあります。
世界が混沌としている今だからこそ、日本の小さな街で75年前の朝何が起きたのかを知って起きたいと思いました。
朝8時15分のその瞬間を放送していたのはNHKのみで、他局は全部コロナの話題でした。さすがにそ今日のその時にそれはないんじゃないの?
広島・長崎の尊い犠牲のお陰で、今日まで核兵器が使用されることがなかったと信じたい。今朝の追悼式での子どもたちのスピーチを聞きながら、伝えていくことの大切さを改めて思い知らされた。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア