新着Pick
321Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
検査の陽性率、感染経路不明の感染者数など、複数の指標が増加傾向にあり、今後も感染者数は増加が予想されます。検査陽性率はここのところ6%強を推移しています。増加傾向にはありますが、うまく検査で感染者を捕捉、隔離を行えている状況であり、爆発的な増加を予見させる数字ではありません。

そんな中で良いニュースかもしれないデータとしては、感染者数増加の速度が少し弱まってきているようにも見えます。実際、東京都内の実効再生産数は低下傾向です。

この再生産数が再び2を超えたりしないのは、ひとえに日々の多くの方の感染対策の成果、そして保健所や医療機関が主導する「検査と隔離」の効果と考えます。また、地下鉄利用の増加が止まるなど、日々報告されている数値が人の動きにも多少なりとも影響を与えているのかもしれません。

以上、数字だけでは伝わりにくい点について補足させていただきました。この間にも、治療薬やワクチンの知見は急速に増え続けています。今後も感染対策へのご協力のほどお願いいたします。
新型コロナ問題の当初から「緊急事態宣言が出されていない中で、各都道府県知事は、一体何に基づいて、休業要請や外出自粛要請を出しているのだろう?」ということが、非常に気になりました。

法治国家や民主主義の根幹として、移動の自由や経済活動の自由といった憲法上の基本的人権を、公権力が制限するのであれば、明確な法律の根拠とそれに基づく厳格な手続きが必要です。

複数の知事の要請根拠として示された新型インフルエンザ等対策特別措置法24条9項(緊急事態宣言がない中での知事の権限)ですが、45条1項2項(緊急事態宣言発令下での知事の権限)との文言の明確な違いや、後者では要請の対象者や知事が行える行為が厳格に政令で限定されていることにかんがみても、本来24条9項が、移動自粛要請や休業要請まで想定しているとは、到底考えられません。

すなわち、都道府県知事の外出自粛要請や休業要請等は、本来、緊急事態宣言が出されて、初めて行使することができるものなのです。

法案を検討・作成し、内閣法制局と喧々諤々の議論を経て、国会に提出した役所の担当者たちが、法令の正確な理解と適切な運用のために作成する逐条解説(※)にも、その旨が記されています。

新興感染症の流行という有事だからといって、なし崩しで法令の解釈を変えて、人権を制限する公権力が行使されてよいわけはありません。人権が厳格に守られるという、現在我々が当たり前に享受していることは、人類が、長き苦難の歴史の上に獲得してきたものです。ちなみにGoToトラベルも、閣議決定の要件(感染症の拡大が収束後に実施)に明らかに反しています。

この点、早急な特措法の改正が必要と考えます。


(※)出版元の中央法規さんより、無料公開されています。
P83~86(24条)、 P115~123(32条),P156~169(45条)等ご参照
https://www.chuohoki.co.jp/topics/info/2001291648.html
(ちなみに、私自身の役所在籍時の経験から申し上げると、業務の一環であり、執筆料や印税等は一切いただきません。念のため。)

(なお今回は、あくまでも、国民の権利を守るために、公権力行使の法的根拠について検討したものであり、各知事の要請やGoToトラベルの妥当性等については、また別に申し述べたいと思います。)
日に日に集計結果の発表が早まっていますね。数字の集計や予測値を出せるのが早くなっているのであれば良いですが、計測値の断面がわからないのは気になる所です。

速報値には一喜一憂せず、入院患者数や重傷者数の値を見て、自ら行動に反映していくのが良いのかもしれませんね。https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/
300人にならないから感染拡大が止まったように錯覚しないようにしたい。

経路不明者、陽性率、重症者数が全て右肩上がりです。
気になるのは40代以上の感染者の割合。
直近1週間は約35%で確実に若年層から中年層以降に感染が拡がっています。

人混みはさけて、マスク着用、手洗いを徹底した方が良さそうです。最近マスクしてない人多いのも気になる。
累計ですから、いつかはそうなります。
世界的に、検査を増やしていることもあり、欧州などでは第二波的な動きも見られます。
各人が基本的な感染対策を徹底し、楽しむことは楽しみ、日々を粛々と過ごすことに尽きると思います。
累計を数えてどうするんでしょうか。全く意味がないです。
東京都の人口は約1千4百万人ですから1万人は0.07%です。累計は増え続けますから、ウイルスが消えてなくならない限り1万人を超える時は当然来るでしょう。感染が再拡大を始めて3週間が経ち重症者数もじわじわ増えているようですが、こと死者数に関する限り0名とか1名とかが続いて増加の傾向がいまだ見えません。容体が急変して死に至る原因が見えてきて、それに対処しながら延命措置を図る体制が整ってきたといった要因が背景にはありそうです。状況を冷静に分析する手段を与えず感染者数にのみ言及して漠たる不安を増幅させるのは如何なものかと思わないでもありません (-_-)ウーン
国はGo !

都はStop !

ビートルズの「ハローグッドバイ」の歌詞のようですね~。

ここまで来ると笑うしかない(^_^;)
数字の出し方、累計の出し方、言葉の使い方。行政やメディアはもうちょっと考えてやってほしい。この数カ月で学んだ国民、都民からは信用なくすし、すぐ数字に踊らされている人たちは自粛自粛と過度な方向にいきかねない。
そもそも、この発表している数字は感染者ではなく、検査陽性者というべきなのではないのでしょうか❓

追記。どうやら色々調べてみると、今日発表するのはほぼほ3日前にPCR検査を受けた人たちで、前日午前9時〜今日の午前9時までにFAXで検査陽性者として報告があった人たち。だから午前中でもタブリなどの未チェックの速報値として発表できる。
なら、きちんとそう発表すればいいと思います。公式には何も言わず、確定値としての発表は始めは午後4時台、そして今は午後2時半頃が多い。そして最近は午前中に速報値として発表。
あらぬ疑いをかけられるなら、きちんと細かく発表すればいいのに、と思う。普通なら当たり前のことのはずなんだけどね。。
なんだか最近は新コロ関連ニュースを見ると苛立ちさえ覚えるようになってきました。

何か対策を考えるときに1番優先すべきは子どものことだと思いますし、今1番の犠牲になっているのもやっぱり子どもだと思います。

無くなった行事、日々の新しい生活様式でどれほどの時間、経験、思い出が失われているのか?
親の失業などで将来の進むべき道が大きく変わってしまった子どもはどれ程いるのか?
毎日消毒まみれの生活で、免疫は本当に大丈夫なのか?
成長期の運動不足や、マスクによる低酸素状態の日々、、これは将来何も影響はないのか?
子ども達の「今」は大人の何倍も貴重ですよ。
大人にとっては来年やってもさほど変わりないことも、子ども達は今しかできない事がたくさんあるのに。。。
子どもたちが心配でなりません。
少子化が問題になっているのに、なぜ子ども達を1番に守ろうとしないのでしょうか。

日本中の子ども達への影響は確実に将来、多くの命に影響が出ることのように思います。

失うものと守るもののバランス、本当に合っているんでしょうか。