新着Pick
144Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
強い。最近が調子が悪く、前年が日本電産らしからぬ営業利益率7.7%というのはあるが、4-6月で売上はもちろん、利益をこれだけ出したのがさすが。
車載は売上がYoY-25%ほどで厳しいが、それでも営業損失にならずに粘った。そして精密小型モータの利益が戻ったのが下支え。棚卸は少し増えたくらいで収まっている。売上減っている(増加要因)のなかで、ちょっとブレーキは踏んだが止めまくらなかったように見える。
https://www.nidec.com/-/media/www-nidec-com/ir/news/2020/0721-03/200721-03.pdf
車載の売上ほぼ半減でもセグメント黒字を確保。もともとの損益分岐点約7割を5割弱にって。。。凄まじいスピードと生命エネルギー。やれば出来るというメッセージを全てのビジネスパーソンへ。
厳しい状況になればなるほど、その企業の経営の実力が浮き彫りになりますね。さすがです。

景気がよい時にGDPの下駄の上にのって成長しているような経営だと、こういった時には、ボロボロの結果になります。

海外で言えば、BlackRockや、Goldman Sachsが、すばらしい業績を出せていることも、同じだと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
苦境の日産に電産の爪の垢煎じて飲ませたい!あ、ずいぶん元日産の方々が経営しているですよね。。
有事におけるトップダウン(適切なトップにおける)の強さはあるなぁ。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
6.35 兆円

業績