新着Pick
310Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こういう節目に向けて、新聞は予定稿を準備しています。報じる前にじっくり準備しているのです。このため死者1000人をどう捉えるか、という各紙の考え方がみえるので、読み比べるとおもしろいです。

NPのコメント欄は緩和派の声が目立ちますが、世論調査をみると規制派のほうが多数です。朝日は死亡率は4%で世界平均と変わらないと書いていました。緩和派を戒めるような論調ですね。

一方、死亡率よりも死者数に注目すれば、規制はバカらしいとなります。書き方次第で、印象はずいぶん変わります。ご参考まで。
感染流行初期には、中国やイタリア、イランでの死者数が話題になりました。今では情勢が大きく変わり、米国、ブラジル、イギリスでの死者数がそれらの国々を遥かに上回っています。

当初は米国やブラジルでも、中国での出来事は「よその国で起こっていること」だったと思います。

日本では「たった1000人」と思われるかもしれませんし、お隣韓国では、300人にも満たない状況です。しかし同時に、米国ではすでに10万人を超える命が奪われてしまいました。その命を奪ったのは、同じ病原体、同じウイルスです。それらの国と日本で、病原体や人の免疫が異なると結論づけるには、我々はまだあまりに無知です。

大規模な感染流行は時間差でどこにでも起きうること、現状評価には常に謙虚でなければならないことを、我々は学んできました。これまでの経過から何かの結論を確信し、未来を予測するのは個人の自由ですが、それが正しいかはまだ誰にも分からないように思います。

(参考)2020年の世界の死因の動向とCOVIDの位置づけについては、こちらのグラフィックがとても理解しやすいと思います。
https://public.flourish.studio/visualisation/2944635/
これは日本に限ったことではありませんが、感染予防の観点からコロナの方は入院中に家族の面会ができず、多くの病院で重症化して亡くなった後も看取りの際の立ち会いが制限されている状況です。1000人の方たちの家族や友人の中には、入院してから亡くなるまで一度も会えないという方が多いのでは。

あまり報道されていませんがこの感染症特有の家族の苦しみが、1000人という数字の背景にあるのではないかと想像します。
2019年の交通事故による死亡者の数は前年比317人減の3215人で、3年連続で統計が残る1948年以来の最少を更新しました。

重度後遺症等を含めれば1万人近くいると思われます。

コロナに気をつけているみなさん!
その10倍くらい交通事故に気をつけて下さいね。
新型コロナでの国内での死者が1000人になった。昨日の集計で999人だった。
ニュースを報じる立場では。エポックメーキングな状況をもとにしないと、ニュースにしにくいと考えてしまう習性があります。815、622 、86.、89 は私たちの心の拠点です。敗戦の日、沖縄の日、原爆の日です。上皇陛下が忘れてはならないと言われた日です。今回の1000人も、メディアが意味づけする通過点であり、これはメディアの独善ではなく社会への警鐘の指標になるものだと思います。それはともかく、日本の感染状況はかなり厳しいです。コロナから解放された夏になると思ったのに。頑張って乗り入りましょう。
900人代後半の期間が長かったのでいずれこの日が来るとは思っていましたが、今日までかなり長かったですね。

肺炎全体では毎年10万人なくなっていますので、半年たっての1000人は、まあ誤差範囲かな、というのが統計的の見方としてまっとうなのではないかと思います。

アパレル業界では先日Brooks Brothers、今日はCECIL McBEEが倒産したそうですが、これは飲食・ホテル・観光業界全般に広がるでしょう。これからもこの経済自粛を続けるなら、倒産件数はそれこそ指数関数的に増えるかもしれません。それによる健康被害はコロナの比ではないことは容易に想像がつきます。

感染症を管理するという視点だけでは、国民の健康を守れないのです。国の経済をストップさせるということの重大性が多くの医師には自分ごととして理解されないのでしょう。
そんな専門家に国の行く先を先導されたらたまったものではない、と個人的には思います。
半年で1000人。単純に年間で倍にしても2000人。ちなみに、日本では年間に約140万人がお亡くなりになります。年間2000人の死亡というと、栄養失調で2069人が亡くなっています。令和の時代に栄養失調で。結核でも2204人が亡くなっています。人数だけでいうなら餅をつまらせて死ぬ人は4000人以上だし、風呂場でヒートショックで死ぬ人は1万人以上です。なるほど、コロナとは凄い感染症なのだな。
「新型コロナ、国内の死者1000人超」、「70歳以上8割近く」という見出しを見ると死者数が最近急増して70歳以上は殆どが亡くなるかの印象を受けますが、死者数は2月12人、3月66人、4月408人、5月437人、6月65人、7月13人ということですね。
NHKのサイトで感染者数を拾うと2月242人、3月1992人、4月12190人、5月2443人、6月1900人、7月7077人です。PCR検査の回数や対象者が大きく変わっているので感染者数にどれほど意味があるか疑問ではありますが、感染者が死亡するリスクは当初と比べ大きく減って、7月の死者も未だ少ないというのが実感です。
感染者の容体が突然悪化して死に至る原因が免疫暴走と血栓だということが判明して適切な処置が施され、医療崩壊を防いで酸素吸入等が遍く受けられるようになった結果でしょう。80歳以上は積極的な医療を受けられないスエーデンなどと違い、我が国ではその恩恵は高齢者にも及んでいます。
東京都は新型コロナ対策で9000億円あった過去の蓄えをあっというまに使い果たし、政府の赤字と借金も対策のため急膨張しています。経済の人為的な封鎖を再び強化して人々が働く基盤が壊れたら、日本経済の再興が極めて難しいものになることは必定です。危機感を煽る刺激的な見出しに惑わされ過ぎず、新型コロナウイルス感染の怖さと経済が崩壊する怖さを冷静に比較考量することが必要な局面を迎えているような気がします  (-_-)ウーン
最近重症化する人が少ないこと、結果、死亡者が少なくなっている理由を知りたいです。

治療に慣れてきたからなのか?
保健所と医療機関の連携が効率的になってきたのか?
くすりの使い方が確立したからか?

それとは別に後遺症が他の疾患より深刻なのは変わらないのか?

などなど。