新着Pick
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国に出張に行ったとき、レストランのメニューはほとんどなく(ぺらっぺらの紙だけ)、ほとんどがQRコードをスマホで読み込んで、そこから閲覧・注文していました。そのような自分の端末を使うシステムとこのような触れない専用システム、どちらが良いのでしょうね。
記事中にもありますが、コロナ下において有望なアプローチ。顧客が気にするかどうかもありますが、店側のオペレーションとしても楽なはず。中国でも非接触系のアプローチは盛り上がっています。
うちの研究室では,教授の篠田先生を中心に,こういった空中映像に超音波で触覚を付与する研究をしています.コメントを見ると触覚フィードバックを期待されている人が少なからずいたのでご紹介.
こちらは2014年の
https://www.youtube.com/watch?v=uARGRlpCWg8
別の試作機を見たことありますが、「エアータッチ」より「ジェスチャー」と捉えた方が、ユーザー体験的には自然だなと感じました。
タッチは、触覚へのフィードバックがないと、だいぶ不自然な感じ。ジェスチャーであれば、自己表現の形として自然。
実際操作はしにくそうに感じますが、コロナ時代の非接触推奨の文脈の中では、注目されそう。
押した時の感覚が有ると良いですね。
声認識ももう一つの方法だと思います。
飲食業界にもこうしたテクノロジーが必要になってくるのだと思いました。
株式会社博報堂DYホールディングス(はくほうどうディーワイホールディングス、Hakuhodo DY Holdings Incorporated)は、東京都港区に本社を置く、広告代理店の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
5,693 億円

業績