【NY発】僕らは「自転車の街」を作れるのか

2020/7/6
この記事は、NewsPicksのグループメディア米Quartzの特集「The commuting revolution(通勤レボリューション)」の一記事です。
4倍に増えた
新型コロナウイルス感染症は、通勤のあり方を変えてきた。
車が減り、電車やバスはガラガラで、飛行機にいたっては空っぽ。そんななか、ある移動手段だけは盛り上がりを見せている。自転車だ。
米国では、自宅待機が広がるなか、手頃な価格の自転車が飛ぶように売れている。アウトドアショップのREIによると、自転車本体を含む自転車関連商品の売り上げは、昨年の4倍に増えた。
「近い将来に、この勢いが衰えるとは思えない。供給が追いつけばの話だが」と、REIのロン・トンプセンは言う。
(写真:Scott Heins/Getty Images)