• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

日米の株価「実体経済とかい離」IMFが警鐘鳴らす 新型コロナ

NHKニュース
551
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    ピクテジャパン シニア・フェロー 名古屋商科大学大学院 教授

    今年のマイナス成長を見て行き過ぎと言っても意味がないでしょう。IMF自身が一昨日出した世界経済予測も、今年はマイナス4.9%ですが、来年はプラス5.4%というV字回復とされています。

    加えて、IMFの原文を読むと、小さなフォントで、「各国中央銀行の未曾有の流動性供給や政府の施策等は必ずしも考慮していない」となっています。

    確かに新型コロナ第二波懸念は今後も続くでしょうが、その不確実性はいずれにしても、定義上計算不可能。従って、IMFも今の株価水準が高すぎると警鐘を鳴らすほどの根拠は持てないのでは…と思います。


  • badge
    株式会社みずほ銀行 チーフマーケット・エコノミスト

    定期的にインカムを産むアセットが株と不動産くらいしかない中で緩和環境は保証されているわけですから、穿った見方をすればそれはそれで「(運用的には)実体に合ってるじゃないか」という見方もできると思います。慢性的な上昇と突発的な急落を繰り返し値を上げていくことになりそうです


  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    とはいえ、こうした局面では資産価格の上昇が実体経済や企業財務等を下支えしていることも事実であり、実体経済と乖離する株式市場が求められているという側面もあるでしょう。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか