新着Pick
586Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2018年頭は拮抗していて、テンセントの方が高いことも良くありました。その頃訪問したら、「ついにFacebookを抜いたんです」と自慢されていたこともありました。実際そういうタイミングもありました。

それが、政府のゲーム規制で押さえ込まれてテンセント側だけ少し落ち込む傾向になり、急いで戦略をtoB向けにシフトしたのが2018の3Q。それ以降はずっとアリババがトップでした。

書かれている通り、コロナ需要で一定息を吹き返したものの、toB側で大きく成長したわけでもないので、そこまで踊らされなくてもよいかなというところかと。とはいえ、投資戦略がフィンテックに傾いていたりもするので、会社としての変容には注視していきたいですね。
Tencentも凄いが、20年前に時価総額70億円で出資したNaspersも凄すぎる。いまや64兆円なので、時価総額は1万倍。さらに凄いのは、これまで殆ど売却せずに、未だ30%近い株式を保有し続けていること。
技術開発の速さはすごい。
2019年12月に動画会議のソフト、テンセント会議を開発して、
ちょうどその後にコロナもあって、
今中国では動画会議の主流になっている。
Zoomと比べると、技術のバージョンアップの速度はずっと速く、使いやすい。
時代にニーズに合わせていち早く技術を開発し、開発が遅れた場合ならM&Aで吸収合併する、どんどん新しい技術に支援の手を差し伸べる。テンセントはやはりほかの企業より行動が速い。
中国も無論、アメリカ(世界)と同様にコロナDXブームが起きている。ネットイース、JD、アリババらテック銘柄軒並み人気、テンセントが出資している出前の美団天票は時価総額10兆円を突破している。

2018年は中国ITジャイアントにとって節目だった。アリババはジャックマーが未だ50代の若さで突如引退を発表し、JDの社長はアメリカで(でっち上げの噂も根深い)セクハラスキャンダルで逮捕され、そしてこのテンセントは突如ゲームがほぼすべて政府にバンされて、おりしも始まっていた米中テクノロジー冷戦の影響もあり株価は各社4割前後剥げ落ちた。

そこからじわじわ戻し、そしてコロナDXブームに乗り、ようやく2018年の値を戻し、超えた。
ゲームとソーシャルにて巣ごもり需要はアリババECを上回る。
先月発表の1Q決算が予想上回りかつガイドラインも上方修正した。そこからかなり買い込まれ、いまはPER46倍とやや過熱気味。少し調整は入るかもしれない。
アリババが「Eコマース」を主力とするのに対し、「コミュニケーション」が得意なテンセントにとって、オフラインでの交流ができない新型コロナ感染流行は大きな追い風になりました。

仕事にプライベートに欠かせないチャットツール「WeChat」もそうですが、大学の講義や会議は全て「騰訊会議(テンセントミーティング)」を使っています。

また、巣ごもり生活で暇を持て余した人たちによるゲーム需要が高まったことも大きいですね。
うーん。テンセントに関するコメントは私はありませんが、香港に対する国家安全法への対抗措置として米国は香港ドルのUSドルペッグを外す可能性がありますから、そうなると香港取引市場の資金調達能力は無くなりますよね。一方、米国内で上場している中国企業に対する緩和措置(中国はB/S開示しなくても上場を許している!)も無くして米国市場から排除する動き。そうなると中国企業が資金調達できるのは上海?
だから、中国企業の株価云々を議論する意味がないかもしれない。
米国のビッグ5+テンセント・アリババで見ると、時価総額1兆ドル超えのアップル・マイクロソフト・アマゾン・アルファベットと、6,000億ドル台のフェイスブックと中国2社の2グループに分かれつつある。そしてクラウドが強いアリババの再逆転も十分にありそう
日本ではアリババの方が有名ですが、中国ではメッセンジャーアプリのWeChatがあるテンセントの方が身近です。
最近はメッセンジャー機能だけでなく支払いでもよく使われています。
アリババとテンセントは同じようなものをたくさんやっているので、ライバルです。
良いライバルがいるということはいいことです。
分野:Tencent
おすすめ度:★★★★☆
キーワード:生活に必須なWeChat

阿里巴巴の「ECとリアル店舗」の伸びより、テンセントの「WeChatベースのミニアプリなどとゲーム」の伸びの方が大きかったということですね。

今回、ロックダウンで、扉の外に出られなかった人たちがWeChatでコミュニティを作り、その中で助け合いしたということで、より生活に密着したWeChatというポジションを獲得したこともあるのかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
中国は市場自体が伸びているからでしょ、とか言ってる人は、プレイヤーの圧倒的多さやコピーのしやすさやマネジメントの難しさなど諸々についての想像力がない。

生き続けているだけでも凄いのに、イノベーションを起こし続けている中国のトッププレイヤーから学ぶことは沢山あるはず。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

業績