新着Pick
235Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インドの仮想敵は常にパキスタンです。そのため、中国に対しては備えをしてこなかったともいえます。しいていえば、ダライ・ラマの亡命をインドが受け入れた、ということがありますが、インドにしてみれば、中国と戦争をする理由が思いもつきませんでした。争っている国境線も4000m級の山岳地帯で、大きな犠牲を出して争いたくはないでしょう。カシミール州丸ごとを争っているパキスタンとは訳が違います。
 初代首相のネルーにいたっては、インテリで育ちが良すぎるあまり、「社会主義国は侵略戦争をしない」という固い信念があり、1962年に中国が中印国境紛争を仕掛けてきた時は為すすべもなく敗れ、領土をかすめ取られました。
 一方で、中国は、インドの周辺諸国、ネパールとミャンマーをはじめ、スリランカやバングラデシュにまで莫大な投資をして、インフラを整備し、経済的な影響下に置いてきました。
 先ほど、インド政府の公式声明が出ましたが、インド20名の死亡を認め、「国土の一体性と主権を固く守る」というのみです。中国政府の「(中国政府が考えるところの)国境線より後方にインド軍が撤退することを要う給する」という声明に比べると、明らかにインド側は本格的な戦闘を望んではいません。
昨年から中印国境でのイザコザ
が続いています。
インド国内の中国の印象は悪化しています。

私の周りでは、
インド政府による中国企業を念頭に
置いた外資規制強化を受けて

中国企業は、インドへの投資に
相当慎重になっています。
アフターコロナといいましょうか、コロナで一時的に緩和した緊張が、各国で再び高まっています。昨日の朝鮮半島の有事もそうですし、中東の地政学もまた動きそうです。良いんだか悪いんだから、という感じが拭えません。
不測の事態が怖い。100人を超えるような死者が出てくると、状況は急変してしまう可能性がある。中国とインドは歴史的にどんぱちやってきたが、最近は中国とインドの軍事力のパワーバランスが崩れている。中国軍は、このところ空母山東や宇宙軍などの活躍が目立つ。中国軍の本来のエースは陸軍であり、彼らも力を誇示したい気持ちになっていても不思議ではない。変なことにならないことを祈る。
ここ数週間で急速にエスカレートしているが、「交戦では鉄の棒や石が使われ」たというのがなんとも…。
中国は香港、南シナ、尖閣、中印国境と全方位的に戦線を広げているように見えるが、これは国内の目を対外的なものに逸らそうとしているのだろうか。もしくは中央で権力闘争が激化しているのか。
インドと中国で起きている事が日本と中国で起きないと誰が言えようか?
対岸の火事ではありません。
尖閣諸島も日本と中国の係争地と中国側は思っています。
鉄の棒や石が使われ、銃は使用されなかった…
→鉄の棒や石でも、20名も死亡するのですね。
インド側が無防備だったのか?中国はちょっかいを出す程度の意図だったのか…

でも、インドと中国が国境を接している地域は、高度4,000mくらいの山々ですよね。素人感覚ですが、軍事衝突することすら難しい地理に感じます。
越境を巡り数週間前から中国軍とにらみ合いが続いていた国境付近で衝突が起き、兵士20人が死亡したと発表したとインド軍が発表しているそうです。