新着Pick
1203Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「有料サービスでは、Microsoft Word(.docx)やPowerPoint(.pptx)の元のフォーマットを維持したまま翻訳することが可能だ。」

docx, pptxなどは実はXML+ZIPなので、拡張子をZIPにしたあと普通に展開したらテキストであり、そのために、このような処理が可能になっています。他のオフィス系ソフトとの互換性が飛躍的に上がったのもこのフォーマット変更のおかげです。

これ、ご存知ない方が多く、かなりの専門家でもビックリされます。

Office Open XML
https://ja.wikipedia.org/wiki/Office_Open_XML

Word docxファイルの中身を探検する - Office Open XML ざっくり入門
https://qiita.com/sky_y/items/2ab80adfb7a998e47239
弊社でもとても話題になっているAI翻訳サービス。外資なので使う機会の多い人も多い。話題作り、使いやすさと来て有料サービスという流れもビジネス展開が素晴らしい。
これはとてもありがたい話。海外の文書を読む際にDeepLをずっと使ってます。
有料プランで嬉しいのは、「翻訳データが削除される」ということ。これで、社内の機密文書だったり、公開されていない論文だったりを扱うのも出来る感じ。これまで使いづらかった部分が一気に改善されるので、翻訳を仕事に使う場合は絶対に課金するべき。
文字数制限、API利用、セキュリティ、というのはSaaSプロダクトの定番ペイウォールになりました。
精度の高さに加えて、ドイツ企業としてEUの厳しいデータ保護規則(GDPR)に準拠というのも、法人向けに分かりやすい価値訴求ですね。

また、有料サービスでは、Microsoft WordやPowerPointの元のフォーマットを維持したまま翻訳可能とのこと。この機能、LINE社では内製ツールでよく利用しており、割と便利です。
デスクトップにアプリを落として愛用しています。
短い内容ならともかく、長文だと無理して原文で読まずとも、もうこれでいいんじゃないかという気がしています。

有料版はPDF対応がまだですが、PDF対応したら即課金しそう。
Chromeエクステンションなんかでサイト翻訳もやってくれるようになるとよいですね。
DeepLはほんとにすごい。なので、記事の最後で唐突に並び称されているみらい翻訳がすごく気になります。笑
試してみます。
https://miraitranslate.com/
「中国語ネイティブの方が書いた余り上手でないエイゴを解読し、上手なエイゴに書き直す」ソフトがあったら、すごーく売れると思いますねぇ reject されるモノも含めると、ものすごい量のペーパーが量産されてますから え、もうある? なら欲しいです ものすごく時間かかるので、ペーパー解読+書き直し
使いたい!
無料版だと単純なテキスト翻訳でも短期間で使える分量に制限があるんですよね。
今や研究者が論文を読むにも必須アイテムになっていて、プロがそんなんでいいのかという論争もありますが、作業効率が上がるのだからいいに決まってる。もちろん、細部のニュアンスを原文から読み取れる能力は問われますが。

無料だとgoogle docs の翻訳機能に頼っちゃうなー