新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このシステムの中でどのような手法が使われているかは存じ上げません、とお断りした上で。

一般的に配送ルート最適化は数学的にはNP困難とされていますが、近似解を求める手法は提案されていますし、深層強化学習などAI技術を使って解くこともできます。。

たとえば、下記のような記事があります。

巡回セールスマン問題を深層強化学習で解いてみる
https://qiita.com/panchovie/items/86323946cceca6695e91
2-3割の生産性向上が、成否ライン。
#オプティマインド のルーティング効率化と、#CBCLOUD の作業効率化の成果に期待しています!
#宅配ドライバー さんの負担減は、これからのEC社会の中、業績を上げるために必要です。
#日本郵便 さんは、宅配大手3社の中で、一番早くからオープンイノベーションに取り組んでますから、成果が出てくるのは、もうすぐです。
配送ルートの最適化は(NewsPicksで)よく見かけるニュースで,2年前に「“AIで配達ルート最適化”に効果あり、日本郵便が地方都市でも実証へ」とありました.
https://newspicks.com/news/3444916?ref=user_2112738
同じ会社の組み合わせなので,上手くいっているのでしょう.
他にもヤマトの試みがニュースになっていました.
https://newspicks.com/news/2034826?ref=user_2112738
日本郵便が先端テクノロジーを実装することを歓迎する。「2~3割の生産性向上」を図るというのは莫大な業務改善を意味する。しかも若いスタートアップ企業との協業というのも素晴らしい。インフラ企業によるオープンイノベーション実装を進めてもらいたい。
20年ほど前、米郵政公社USPSが郵便のIoT技術を開発するためMITメディアラボに5億円を出資した。ぼくは当時、日本の郵政に相乗りを提案したが却下された。民営化後、テクノロジーに対するスタンスが弱まることが課題であった。国内では日本通運がアクセンチュアやインテル日本法人と組み、無線自動識別(RFID)タグ、センサーやブロックチェーンを活用した輸送網の整備に乗り出すという報道もあった。
これに対し日本郵便はここ数年、郵便・物流の課題をテクノロジーで解決するため、パートナー企業を募集して、ベンチャー企業などにアワードを与える「Post Logitech Innovation Program」という取組を進めていた。その姿勢が実装に結びついてきたかな。
「システムは、物流マッチングサービスを手がけるCBcloud(東京都千代田区)と、AI開発のオプティマインド(名古屋市)のサービスを組み合わせる」のだそう。熟練ドライバーのノウハウを蓄積してどれだけ効率的に運べるようになるのか、楽しみですね。
日本郵便株式会社(にっぽんゆうびん、Japan Post Co., Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、郵便事業の運営と郵便局の運営を行う日本の会社である。総務省所管の特殊会社で、日本郵政株式会社の100%子会社。愛称は「日本郵便」(英語表記の愛称は、旧郵便事業と同一のJP POST)を使用する。 ウィキペディア