新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
沖縄の意思は明確です。投票率は低かったのですが、逆説的に言うと、そのことが意思の強さをよりリアルに表しているように見えます。沖縄の強い意思を前提に政府は話し合いを続けなければなりません。そして、新たな問題は、辺野古の軟弱地盤です。政府は「2022年度またはその後」としてきた普天間飛行場の返還時期は30年代半ば以降にずれ込むと修正しています。莫大な費用をかけて7万7000本もの杭を打ち込む工事は前代未聞です。そもそも完成できないのではないかとの疑念があります。イージスアショワの誤計測問題にしてもそうですが、議論の前提が土台から崩れるような事態が相次いでいます。コロナの時代のキーワードは、リセットです。リセットして一から立て直す時期ではないかと思います。
Black lives matterのニュースでも書きましたが、日本に大和民族として生まれ、マジョリティーとして生きた経験しかないと、マイノリティーの気持ちはなかなかわからないものです。
https://newspicks.com/news/4969759?ref=notification

もしかしたら、日本の最大のマイノリティーグループは、琉球民族かもしれません。彼らも本当に多くの苦難を経てきました。もしかしたら、日本国内の大和民族と琉球民族は、アメリカの白人と黒人の構図と似た面もあるのかもしれません。

国防上の損得だけじゃ割り切れない問題が、ここにもあるのでしょう。右か左かというのは事の矮小化です。マジョリティーとして生まれた人は、マイノリティーの苦しみや悲しみに寄り添う気持ちを忘れてはなりません。
知事与党はかろうじて過半数維持。自民党は議席を伸ばしており、低投票率のもとで必ずしも知事与党にとっては楽な戦いではなかったようです。コロナの影響で中央からの応援合戦が鳴りをひそめたことが逆に、中央の自公が推進の立場に立つ辺野古移設の問題を先鋭化させない効果を生んだのかもしれません。
沖縄にあこがれる人間のひとりとして。
小野さんが指摘されていますが、琉球への差別は確かにずっとありました。でも、いまではほとんど見ない、という人もいるかもしれません。私もそう思っていました。

でも、ちょうど3年ほど前、たまたま知り合った沖縄の人と東京で飲んでいたら、「沖縄は評判悪いだろ?」って聞かれました。辺野古への反対運動への反発もあったころです。その方は関東で何十年もビジネスをやってきた人ですが、その方がそう感じざるを得なくなっているということを知り、改めて沖縄と内地との間にある断絶を見た気がしました。

なぜ沖縄にアメリカの「海兵隊」がいるのか。下記の連載が参考になります。
https://globe.asahi.com/article/11846579
https://globe.asahi.com/article/12072310
投票率の低さが何を意味するかは、簡単に分析出来ないと思っています。

基地反対派の人々の覚悟も今一つ分からない部分があります。
米国基地が出て行って、観光立県でやっていくには、沖縄は観光客にフレンドリーではないのですよね。
観光施策も戦略的ではなく、高級層とエコノミー層のメリハリが無さ過ぎですし…
ハワイ、カンクン規模の人口ですが、どんな県にしたいのでしょうか?
注目の沖縄県議選。普天間の名護市辺野古移設に反対する知事支持派が過半数を維持する結果となった。
辺野古移転に反対なら、現実的にどんな解決策があるのだろうか。小川さんや小野さんには是非教えて欲しいと思う。

私は以下の2つの案しかないと考えている。日本の国防上問題かもしれないが、致し方ない。

案の1:普天間基地のグアムへの移設
案の2:沖縄県の琉球国としての独立容認。そもそも薩摩藩の侵略が問題なら、独立した方がいい。長年膨大な国費を払っても満足いただけないなら、この方向がいい。

是非とも読んでいただきたい書が以下のものだ。

沖縄の不都合な真実 (新潮新書) https://www.amazon.co.jp/dp/4106106019/ref=cm_sw_r_cp_api_i_MFvKFbKNDBH5T