新着Pick
80Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
因みに記事後半にでてくるIFAは、アメリカのCES、欧州のIFAと
いわれるような大型イベントです。1日1,000人制限でかなり狭められてしまう思いますが、その絞り込みのやり方次第では、無駄なく本当に質の高い参加者との商談に集中できるので、ポジティブな一面もあると思います。絞り込み手法として、チケット販売および招待方法に注目したいです。

追記: こちらに具体的手法が載っていました
https://www.phileweb.com/sp/news/d-av/202005/20/50374.html
CESはどうするのだろうとおもい、まさに頻繁にWEBをチェックしていました。二刀流でいくのですね。やはり、このような展示会は国内の様々なイベントもあえいでいますが、現物があって、人の交流があってなんぼということでしょうか。

CESは業界の一大イベント。ラスベガスのほぼすべてのホテルがいっぱいになるほか、すごく価格高騰するんです。

また、アカデミア目線でいうとCESと毎年同時開催されているICCEという国際会議がどうなるのかも気になるところ。今の所「予定通り現地開催」となっています。

ICCE2021
https://www.icce.org/
リアルなのか、リモートなのか、どちらかであればだいぶやり方がわかってきましたが、両立させるというのはチャレンジだと思っています。ミーティングなどもどうしてもリアルで集まっているところに引っ張られる傾向がある。
ここ数年毎年参加してました。リアルのセレンディピティをオンラインでどう創っていくかに関心があります。
イベント業界が大打撃を受けている中、世界大手のビジネスイベントのCESはリアルとオンラインでいくと発表。CESは10年くらい毎年行っていましたが、目的はパートナーとの打ち合わせでした。多くの方が会議が目的で参加し、スキマ時間に新しい技術の展示などをみる、というのがおなじみの会場での過ごし方でした。

打ち合わせが目的だと、密閉された会議室で会議ができないため、会場に行く意味がないのではないかと思う方もいると思います。しかし、CESは交流の場なので、イベント自体を継続してもらうために、各社継続してほしいという思いがあるはずです。オンラインならではの付加価値をつけた企画ができれば、参加企業も継続参加すると思うので、がんばってほしいです。
1つはっきりしているのはこれだけ人数絞ると飛行機、ホテルは大打撃ということ。織り込まれているとは思いますが。それと、大イベントは必ず裏でイベント来場者たちのスモールMTGが頻繁に行われます。がこれも期待できないですよね
2021年のCESは、リアルとバーチャル(オンライン)で、開催とのこと。
あれほど大きなイベントを、2021年夏まで続くと思われるwithコロナの中で開催するのは、2021年1月は難しいと想像します。
その時に、アメリカで、最大何人のイベントが許されているのかも、リアルの集客定員数を決める要素です。

今回の決定は、中止はしない。延期もしないということ。

来年行きたいと思ってましたが、チケット制限もありそうですし、無理ですね。
アメリカ自体の感染動向次第でしょうね、11月の大統領選挙まで経済優先にしていたら、海外からは来たくなくなることもあるでしょう。
CESこそ、最新テクノロジーで新しいスタイルを。

リアルに固執し、開催が危ぶまれるようでは残念です。未来をリードする出展企業から、知恵をもらうのもありでしょう。
CESは、オンライン開催では意味がないイベントだと思います。最近行っていないので、脳を刺激する為に行って来たいなと思っていましたが、申し込みしようかどうか悩んでいました。
アメリカは、コロナ以外にも今発生している暴動の火種は、トランプ大統領の今のスタンスでは、完全に収まらず、アメリカは地域によっては、かなり治安が悪化することが予想されます。うーん、悩むなぁ…