新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私のコメントも掲載して頂きました。

「世界標準に合わせて入学時期を9月にすることで、海外留学がしやすくなるという声もあるが、実際は、9月にしたからといって留学する日本人学生が増えることは考えにくい」

留学を阻害する要因としては、「経済的な理由」と「語学力の不足」が圧倒的。「グローバル化のためには、まずは奨学金制度の拡充や、英語教育の抜本的改革を進めることが本質でしょう」

欧米のように9月入学ではなく、最近はオーストラリア(1月入学)、ニュージーランド(2月入学)、フィリピン(6月入学)、韓国(3月入学)などの留学先も人気で、それぞれ入学時期が異なり、必ずしも欧米基準の9月に合わせる必要がない。

「現在は、日本の大学等の高等教育機関で学ぶ海外留学生の出身国として、中国が41.4%、ベトナムが20.1%、ネパールが7.3%、韓国が7.0%で、それぞれが、9月や4月、3月などとバラバラの時期に入学している。一律で9月入学に移行しなくても留学生の受け入れは可能」

2019年の世界大学ランキングでは、東京大学が36位、京都大学で65位と、上位に食い込む日本の大学は非常に少ないのが現状。「海外から見た、日本の大学で学ぶ魅力を上げることも急務。入学月を変更するよりも前に、教育の質を高めることのほうが優先順位が高いのでは」