新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スコセッシ監督の前作がネットフリックス制作の「アイリッシュマン」であることが重要です。アップルが映画に前向きであるというだけでなく、スコセッシ監督であっても今のハリウッドでは思うような映画を撮れなくなっていることを示しているからです。

ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシら豪華キャストを揃えた大作ギャング映画は、そもそも完成が危ぶまれていました。制作費が高騰し、映画会社はどこも手が出せなくなっていたのです。そこで1億2500万ドルの出資をしたのがネットフリックスでした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9E%E3%83%B3

「アイリッシュマン」がどんな映画だったのかは、宇多丸さん映画評をぜひご覧ください。

宇多丸、『アイリッシュマン』を語る!【映画評書き起こし2019.12.13放送】 https://www.tbsradio.jp/438956

ポイントは「3時間半」という長尺の作品であることです。これだけ長いとシネコンでは上映しづらい。1時間半の映画なら1日5回はかけられるのに、1日2回しかかけられません。たっぷりと物語を展開するような長尺映画は、いまの映画館では嫌われます。

だからこそ、「アイリッシュマン」は評論家に激賞されました。どちらかといえばクラシックな映画を褒めるタイプである宇多丸さんも、2019年に扱った44本の映画の中で1位に選んでいます。

ライムスター宇多丸のシネマランキング2019、第1位は…「アイリッシュマン」! https://www.tbsradio.jp/443411

私もどちらかといえば、クラシックな映画が好みなので、ネットフリックスやアップルがスコセッシ監督の制作に出資してくれるというのはとてもうれしいです。ただ、一方で、映画館での上映はどんどん減ってしまうでしょう。それにマニア向けに特化していけば、そのジャンルはいずれ死にます。映画ファンとしては、痛し痒しというところです。
先日、Amazonによる大手映画館チェーンの買収検討も報道されたけど、メガテック各社がコンテンツ製作者囲い込みのために、潤沢な予算提供はもちろん、コンテンツがリーチできる層の拡充や製作者の評価機会の獲得など、バリューチェーン全体での競争が激化している
「ネットフリックスはスコセッシ監督の前作「アイリッシュマン」を制作」しているとのこと。アップルが今後映画製作で存在感を示せるか、注目したいですね。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
212 兆円

業績