新着Pick
578Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記が今回のプレゼン。
業績のことは置いておいて、長期では米中対立が気になっている(そして言及は当たり前だがない)。というのはモバイル・ARMが根底にあって、そこで大量に利用されて、データ社会になるというのが根底のストーリーだから。
もちろんサービスレベルで様々な企業に投資をしていて、それらのなかでの成功・失敗は色々あるだろう。ただデータ社会になっていく、それがグローバル規模で進めていくことが根底のInvestment Thesis。そこに対して、政治が強くなってきていてリスクが出てきているのがHuaweiに関する点。
そうするとローカルサービスから進化しなくなり、ソフトバンクGが投資をしてタイムマシン経営をグローバルでやっていくというのもできない(=成長速度も遅くなる)。また半導体の進化も中国はもちろん、米国なども需要が減れば研究開発・生産に投資が減るから、全体の成長速度が下がる。
また、進化速度が遅くなると既存プレイヤーがその間に時間とお金をかけて対応できる。だから産業としては変わっても、スタートアップではなく伝統的企業主体となることは少なくない。規制業種だと特に多く、ドットコムバブルのあたりにネット銀行が現れたが、結局金融機関がそのままというのはそれの最たる例だと思っている。ディスラプターは速度でぶっちぎれなければ負けることが多く、その意味で投資をして進化の速度を上げてWinner Takes Allを取っていくという投資戦略にも当たり前だが逆風。
https://group.softbank/system/files/pdf/ir/presentations/2019/earnings-presentation_q4fy2019_01_ja.pdf
決算説明会がいま観客無しリモートで行われている。当期営業損失のほとんどはヴィジョンファンド要因。1号ファンドの今のIRRはマイナス1%とのこと。

毎回見ているが、今回は驚くほど覇気のない、過去一番面白くない決算発表だった。どんなしんどい時も一つや二つ挟むジョークも無かったし笑顔一つなかった。つまらないプレゼン、というものをこの人がやる姿を初めて見た。

・ユニコーンはコロナの谷に落ちてる。が中には復活後より大きく羽ばたく者も出る
・世界恐慌後は新産業が勃興した。今回もオンライン系の新サービスが羽ばたくだろう

毎回この孫さん劇場で打ち出されるメインメッセージ、今回は上記2つだったが、論旨がその通りではあるもののいつもに比べて極めて陳腐で新味がゼロで、事例もプアで、言葉にも表情にもいつもの覇気が全く無く、いつも高い要求レベルでチームに作らせているだろうスライドも全くもって凡庸で説得力がなかった。

無観客という事もあろう、コロナ被害についてかなり神妙な面持ちだったこともあろう、がそれらを割り引いたとしても、あまりに孫さんらしくない、SBGに何かが起きているのだろうか、と心配する内容だった。
昨年まで評価益で嵩上げされていた決算が、今度は評価損で沈んでしまった。残るバランスシートの内容も、SVFのポートフォリオ評価手法次第で大きく変動し得る。更に、IFRSなので、のれんは定額償却しておらず、繰延税金資産などと共に一気に減損が発生し得る(今回も一部減損したようだ)。純資産がまだ数兆円あると言っても、資産の部のかなりの部分が評価損益で変動してしまうので、決して予断を許さない。

なお、この会社は、日立とかとは全く違いますから比較するのはおかしいですし、構造改革なんてしてません。むしろ、こんな中で5000億円もの自社株買いをするなど、正気の沙汰ではありません。
蛯原さんも書いておられますが、いつになく元気ない孫さん。冴えないプレゼン。今一番心配なのは孫さん自身のコロナ対策。ここをもっと語るべき。
 今の株価はVFやWeWorkの価値を織り込んでいるわけではなくもっぱらアリババやソフトバンクKK、TMUSの保有株式の価値に目がいっているとは言うものの、コロナショックの中でVF投資先88社の評価額合計はざっくりいって昨年末から大体13%引き下げられたように思います。これが現実的なのか、孫さんの元気のなさとは必ずしも整合的には感じられませんでした。このうち父さんが15社、程々が58社、大成功が15社になろうという孫さんの見立てと比べても私にはしっくりこないのです。
孫さんの孫さんらしからぬ弔辞を読んでいるかのような意気消沈した決算発表でした。

今回のプレゼンは孫さん節がまったく見られなくて寂しかったので、動画を見るのは早々に止めて決算短信と説明資料を読むことにしました。

でも、ソフトバンクグループの決算って、これがとにかく難解で、まともに読める代物ではありませんね。途中で挫折しそうです。

バランスシートを見るかぎり、まだまだ大丈夫でしょう。ただ、孫さんに元気がないことが一番気がかり。孫さんにはこれしきのことで懲りないでほしいです。

それにしても、孫さんは少しでも多くの記者からの質問(時にはイジワルな質問も)を時間のゆるす限り逃げも隠れもせず、ひとつひとつ丁寧に回答するという姿勢は尊敬に値します。

ただ、5,000億円の自社株買いは引っ込めていいと思いますよ。
ウォッチャーとして観てましたが(笑)、ビックリするくらい元気がなかった... こんな孫さんはかなり久しぶりだ(ADSLの大赤字の時以来)

ほとんど印象に残らなかったなか、敢えてでいうと、孫さんが株担保で借りてる金額が5,000億円(一体何に使ったんだろう?? スケールが凄いw)自社株買い資金の4.5兆円中、1.25兆円はアリババで、残りは言及せず(実際はアリババ追加か、ソフトバンクKKか、ARMしかないと思うけど。Sprintは当分売れないので)ビジョンファンドの価値算定はゼロでもいいと繰り返し言及。

孫さんでも落ち込んで元気がなくなる時があるというのにビックリしました!
日経新聞が報じていますが、1−3月の四半期決算では日本の上場企業として過去最大の赤字になっています。

ソフトバンクG最終赤字1兆4381億円 1~3月期(日本経済新聞)
>日本企業の四半期の最終赤字額としては、東日本大震災時の東京電力ホールディングス(11年1~3月期、1兆3872億円の赤字)を超え、過去最大規模となった。
https://newspicks.com/news/4913744
ネガティブな意見が多いようですが、実際にこの惨憺たる状況でIRチームならどういうエクイティストーリーをボスと組み立てるか?という視点で考えると、こういう内容になるのではないでしょうか。悪くない内容だと思います。
悪い事をしっかり数字で説明する。
それがこのような悪い状況では鉄則かと思います。
オーディエンスは利害関係のない外野ではなく、実際に投資している株主と銀行でしょうし。
意識して大人しいプレゼントーンにしているかもしれません。
ユニコーンとコロナの谷、の絵も最初はだまし絵に見えましたが10回くらい見直している内に、真意がわかってきた気がしました。CNNにもその絵だけが放映されていました。成功かと。
多くの部分が「評価額」という簿価(実際のキャッシュではない)という流動性が高いもので経営していたため、新型コロナウィルスや、スキャンダルで、それらが一気に低下すると、さすがの孫さんでも、打つ手なし…というのが現状でしょう。

「企業価値」「評価額」で経営することの、危うさを孫さんが身を持って証明した感じです。ただ、ここまで下がっても、逆に、また戻るのも早いということも真なので、あきらめる話ではないと思います。

嫌なのは、調子がよい時は、あれだけ持ち上げたメディアや社会が、こういった場面になると、反転して、一気に叩くことです。やめるべきですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
12.9 兆円

業績