新着Pick
652Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新しいスキルと言えると思う。大事なのは、相手も"不慣れ"だということ。その"不慣れ"を意識して、こちら側が補っていく姿勢が大事である。ビデオ会議は、工夫一つで結果が変わる。自己紹介ページはMUSTですね。ICE BREAKにもなる。プレゼンチャートも、基本はオンライン用に全て作り替えるべき。相手の視点(導線)を考えると、今までの説明資料だと、おそらく情報量が多過ぎて、どこを見たら良いのか分からないまま話が進んでしまう。これだとミーティングは成立しない…。子供の頃の"紙芝居"が一番のお手本になると思う。絶対的なルールは、"1スライド・1メッセージ"ですね。記事中の数あるTIPSの中で、"これは有効だ!"と思えるのが、カメラ前の"縦の動き"ですね。相手にこちら側の"気持ち"をNON-VERBALで伝える秀逸なテクニックだと思う。加えて、"手"を適宜使うことも出来れば、こちら側の"臨場感"をうまく伝えられると思う。ジャパネット化"を取り入れられるか…鍵になると思う。"ジャパネット化"を取り入れられるか…鍵になると思う。「テレフォンショッピングを自身が明日から担当するのだ…」という気持ちでテレビを見てみると多くの学びがあると思う。他のテレビショッピングでは、見られない"縦の動き"が実際に見られますよ。個人的には、いつも学ばせて貰ってます…。
タイトルどおの「12個の細かなテクニック」です。(以下に転記)

細かいことですが、やらないよりは、やった方が良いと思われることも多いので、参考になると思います。

ただ、最後にある「12、商談を録画して客観的に振り返る」は、事前に相手の許可を得ないと問題なると思います。

(以下、記事中から引用)
1、「明るさ」と「清潔感」でカメラ映りを意識
2、自己紹介を丁寧にする
3、壁紙にクライアントのWEBサイトを使う
4、プレゼン資料は「動線設計」と「見やすさ」を重視
5、しゃべる速度を1.1〜1.2倍にする
6、リアクションは1.5倍大きく
7、カメラに近づく、離れるをうまく使う
8、印象に残るアイスブレイクの活用
9、発言するときは手を上げる
10、「質問はありますか?」など、適度に声をかける
11、締めは手を振るぐらいでちょうどいい
12、商談を録画して客観的に振り返る

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
女優ライト。
私もそれには劣りますが、LEDの電気スタンドを使っています。ただ、やっぱり眩しくてすぐに消したくなるので帯域節約の意味も込めて最初だけ顔を出したらすぐに映像はOFFにします。でも、ライトがあると格段に印象は良いですよ。
かなり具体的ないいtips!
確かにオンラインならではの営業の工夫の仕方はありそうですよね。僕はZoom背景を広告枠として使うのが一つの可能性だと思っています。営業なら自社のアピールを背景にしておくとかですかね。
バーチャルの生活で相手との距離をどれだけ近づけるか。

その為このオンライン商談の12のティップスは勉強になります。
ビデオ画質や暗さは確かに、放置しがち。Webカメラではなく一眼レフを使ってる方も出てきましたね。