新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
通常時に最適化されたオペレーションが、非常時にオペレーションを変えるのを難しくする。
あとは、飛行機に限らず定期交通は、定期性があるからインフラ足りえて公共性を満たせる。逆にそのために規制などもあるし、儲かる路線だけに集中しきれない経営の拘束条件にもなる。
ただ需要はすぐには戻らないだろうから、行動封鎖が解除されていったとしても、便数を減らすことは必要。でも便数をどこでどれだけ減らすか、また公共性とのバランスは各自治体の思惑もあるし、極めて難しい。そしてそこで時間を取っている間にも経営はさらに厳しくなっていくのが現実。
主に米国の事情が記事になっていますね。
日本についても近いことは近いのですが、米国ほど機材や乗員繰りにより減らせないということはありません(良くも悪くも羽田一極集中のため)。むしろ顧客目線や取引先との関係、さらに航空局からの指示もあり定期航空路線網の維持ということが強く意識されて、そう簡単に便をキャンセルするというわけにはいかないのが日本の事情です。国際線の場合は海外に残された日本人の受け皿が必要という側面もあります。