新着Pick
1764Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今mRNAワクチンが注目されるのは、開発スピードの早さにあります。ウイルスやタンパク質を作るのに比べて圧倒的に開発期間が短縮できます。

一方で解決すべき課題は、安定性と細胞へのデリバリーです。RNAはタンパク質やDNAと比較して非常に壊れやすいです。またRNAからタンパク質を合成するには細胞の中に入る必要があります(まるでウイルスのように)。この課題をモデルナが具体的にどのような技術で乗り越えるのか1免疫学研究者として詳細を知りたいです。

専門用語の意味や背景も知りたい方は下記の2つの記事を合わせてお読みいただくとより理解しやすいと思います。

【3分解説】コロナに負けない「免疫」のすべて
https://newspicks.com/news/4826314/body/?ref=user_4803225

【独白】最先端のワクチン治験に参加した男
https://newspicks.com/news/4822514?ref=user_4803225
世界がワクチンを欲しています。

WHOの声明を待つまでもなく、ワクチンが完成しないかぎり、1〜3年ほどは世界は何らかのソーシャルディスタンスを続けなければいけない、というのが共通の認識になってきました。

NewsPicksは、その最先端を走る米バイオテックModernaの創業者に独占インタビューを敢行しました。

ビル・ゲイツも惚れ込んだ革新的テクノロジーで、最速で臨床試験に突入したModernaの真髄とは何なのか。そして、ワクチンはいつできるのか。できたとして、誰から投与されていくのか。安いのか。

意外なところに出てくる「日本の系譜」とともに、ぜひご覧いただければ幸いです。

新型コロナのワクチン開発で、今、世界が注目する米バイオ企業「モデルナ」。その創業者の一人、デリック・ロッシ氏への独占インタビューが実現しました。新型コロナ特集「人類vsコロナ」の初回は、その模様を豊富な図解とともにお届けします。

創業のきっかけとなる研究は、なんと山中伸弥教授によるiPS細胞の開発から始まったそう。一つの画期的な研究から、また別の新しい発見が生まれ、革新的な医薬品の開発につながっていくーー。取材に同席し、バイオテクノロジーのダイナミクスを実感しました。
とても専門的かつリッチな記事で素晴らしい。

個人的には、
1.ワクチンの開発(解決ソリューションによる安心感)
2.集団免疫の獲得(平常化と本質的withコロナ時代)
3.医療崩壊とオーバーシュートの防止(ソーシャルディスタンス徹底と医療インフラの拡大)
が完全終息には重要で、その実現には長期戦が見込まれると思っています。

特にワクチン開発には、Moderna社をはじめ様々な会社が動いていますが、本記事をみても実用化には様々なハードルがあります。

まさに人類とウイルスの戦い。

専門家や専門機関が目下で必死に世界のために解決策を開発しようと動いている実態を感じさせてくる特集記事です。
ワクチン開発の裏側がよく分かる記事ですが、少し内容が難しいかもしれません。

ワクチン開発が暗礁に乗り上げる可能性の一つに、enhancement(増強)という現象があげられます。接種した方が、本来の意図とは逆に、肺炎を悪化させてしまうというものです。

実用化に向けては、まずこのenhancementが見られないということの確認が大切です。

その上で、有効性の確認が必要ですが、これは比較的時間を要する「感染が減る」という結果を確認する前に、より早く結果が分かる「抗体ができる」を確認して、段階的実用化が始まるかもしれません。

この最速のシナリオが仮に成立した場合には、記事にもある通り「秋頃までには、医療従事者がまずワクチンを接種できるように」なるかもしれません。

ただしこの場合には、明確な答え合わせは、後でということになります。
いつになったら、終わりがくるのか。その鍵を握るひとつが、ワクチンだと言われています。
世界中でワクチン開発をめぐるレースが加速する中、いち早く臨床試験にこぎつけたのが米モデルナ。ビル・ゲイツも期待を寄せ、出資しています。
NewsPicksでは、その創業者に話を聞くことができました。創業ストーリーからコロナワクチンへの見込みまで、たっぷりと語ってもらっています。科学者でありつつ、起業家としてのバランス感覚にも優れているところが印象的でした。
モデルナのスピードをもってしても、一般にワクチンが配布されるまで12カ月から18カ月かかるようです。モデルナはワクチンの製造ラインもすでに保有しているのが強み。期待したいですね。

モデルナ創業の原点は、日本の山中教授のIPS細胞の論文。mRNAに目をつけたのがよかった。むずかしい領域をわかりやすく解説したレポートです。
モデルナのワクチンが世界最速で臨床試験に入った事は広く報道されたけど、その背景が科学・ビジネス両面でよく分かる。ITテックのベイエリアのように、ボストンがメガバイオスタートアップの集積地となれば米国経済全体へのインパクトも大きそう #新型コロナ #ワクチン
凄すぎて完全には理解できませんでしたが、直接的にコロナと戦える位置にいるというのは物凄い重圧とやりがいが交錯する現場なんだろうなと思います。
私はどちらかというと国際情勢や、コロナに便乗したサイバー攻撃などの対策がメインのミッションですがみんな各所でできることをやるしかないのだなと実感しました
ある意味、RNAウイルスと似たような仕組みで、細胞をハックして(新型コロナウイルスの一部である特定のタンパク質を作らせ、)抗体を作らせる、ということですかね。素人理解ですが…

製造キャパシティも含めて、希望を語れるレベルでスタンバイができているのはボストンのエコシステムがあってこそ、だということもよくわかりました。それだけ目利きができるキャピタリストが多いのか、バブル的にいろんな企業に資金が集まった中での大当たりなのかはわかりませんが…

願わくは、世界中の人に福音をもたらすような安価なものとなってほしいですね。せめて、途上国を含む多くの国の政府が医療従事者はじめ最前線の方には投与できるくらいであってほしい…

過度に期待をするでもなく、ひとりひとりができることをやるしかないですが、ポジティブシナリオを夢想できる技術と企業があるということは前を向くひとつのきっかけになりますね。

(追記)ウイルスは自身の複製が目的、このワクチンはタンパク質の合成が目的なので、細胞内に(m)RNAが入るという点で似ているようにも思えましたが、ちょっと無理がありましたかね。。(8:20)