新着Pick
280Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リーマンショック直後に零細スタートアップの経営に携わっていたことかありますが、当時の資金環境は、ここ最近の気前の良い状況とは全く異なるものでした。
少なくとも、これから事業を始めよう、あるあは資金調達しようとする方にとって、ここ数年の追い風のタイミングで資金調達したスタートアップの経験談は、あまり参考にならないことでしょう。誰も凪の日に、時化が来た時のことなど想像しないものです。

バブルめいたタイミングに大きく賭けることを一概に否定はしませんし、運が良ければ大きな成果を挙げることもできます。ただ、そうした戦い方が成立する前提条件については理解しておく必要があると思います。

『エンジェル投資家』著者のJason Calacanisも、2008年前後について
“At that time the valuations for startups like Uber and Thumbtack were $10m — combined!”
と述べる一方で、
“For the past couple of years, startups run by founders who aren’t qualified enough to make a cup of coffee for Travis and Marco were demanding $15m valuations for copycat ideas with anemic performance.”
と、なかなか辛辣なコメントを述べています。

ただ悲観に暮れていても仕方ありません。
敢えて前向きな点を挙げると、GoogleやFacebook、ここ最近のUberなど、世の中に大きなインパクトを及ぼすスタートアップは、得てして逆境時に台頭するものです。
投資家にとっても、不況時は良い投資機会に巡り会うタイミングでもあることは言うまでもありません。

失意泰然、得意淡然。向かい風の時こそ、腰を据えて、骨太な事業を仕掛けていきたいものです。

関連して以下の記事も、ご参考までに。

着金を確認するまでがスタートアップの資金調達プロセス
https://newspicks.com/news/4570102

スタートアップ「冬の時代」のファイナンス思考
https://newspicks.com/news/4678139
アジア経済危機、リーマンショックの経験からスタートアップ界では、以下の4つのことが起こるでしょう。

1)スタートアップの倒産が激増する。
2)VCの半分程度は次のファンディングができずに退出
3)機関投資家からの投資が激減する
4)バリュエーションが劇的に下がる

‪グロービス・キャピタル・パートナーズは、以下方針です。‬
‪・投資先企業への経営支援を強化する。‬
‪・既存投資先についてはメリハリをつけ、追加出資&積極的に攻める。‬
‪・新規投資は継続する。‬

‪6号ファンドは400億円を集め、まだ1/4以下の投資額。これからが草分けVCとして真骨頂を発揮する時です。‬
コロナ対策でお金が大量に出回るので本格的な不況の前に後一回資金調達のウインドウが開くかも知れません。その時に調達できるかがポイント。私がファンドレイジングする立場なら 1)シードラウンドかアーリーステージならポストコロナにターゲットしたサービスに組み直して提案。2)すでにアーリーステージ超えているならばすぐにリストラ含むアグレッシブなコストカットで本業に集中し即座もしくは早期に黒字化できる見込みを立てこの資金調達で2年間はもつ状況アピールします。3)もし両方ともできない状況ならば、冬眠もしくは解散します。私はリーマンの時には自分の会社を休眠させました。サンクコストの呪いで人生を棒に振ってはいけません。
保守的になるVCが増えるので、よりリーンにしていくのは必須だけど、そこまで悲観的になる必要もない。永遠に続く夜はない。殆どの夜は1-1.5年で明ける。そもそもスタートアップが成功するまでには7-10年はかかる。その中でこういった危機は起こるもの。スタートアップより組織を筋肉質にしてプロダクトを磨くチャンス。VCは良い案件に張るチャンス。何より大成功する起業家やキャピタリストは人と同じことをしない!w
最近興味深かったのが、下記のCrunchbase Newsの記事。2008年の金融危機の際、シードは増え続けている(シリーズA以降が減少)。
金融危機でリストラされた人が起業して、また金額が相対的に小さかったから投資が増えたりした?あと、シードはいずれにしても売上がないから、景気は関係ないし、こういう時の方が安く雇用もできる。
こういうタイミングに、その前から操業していた企業の淘汰や合従連衡と、新しい成長の兆しが生まれるもの。
https://newspicks.com/news/4754373
スタートアップも利用可能な公的機関による融資プログラムもあります。(友人から聞きました)

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf?fbclid=IwAR0MswYb3hJoQiurio_Thc7qX554_cHBbZEK6XIXPzPsUVPyQIye58IpM7s
投資家の関心事項も発行体の短期業績や成長率から、まずは生存できるか否かの確認に移行していると感じます。発行体マネジメントは不測の事態への対応速度を高める事や、コストの見直し、資金繰りのコントロール、財務戦略がますます重要な局面です。
日本のスタートアップの資金調達は、半分以上が独立系VCではなく、事業会社からの出資によるものです。大企業のオープンイノベーション資金の一部がスタートアップに投じられ、エコシステム形成に寄与してきました。コロナショックの影響を鑑みるに、本業の停滞や業績悪化で一定の減速は仕方ないと思われますが、せっかく芽を出したイノベーションの種を絶やすことなく、リーンな方法で加速して行って欲しいと思います。バリュエーションが下がった今こそ、ベンチャー買収の好機。大企業には、これまでの出資やCVC活動から一歩踏み込んで、好条件でのM&Aも選択肢の一つとして積極的に検討してもらいたいと思います。
「出資を取りやめる理由は複数ある。あるAI企業は、エンジェル投資家から「保有する上場株の価値が急減したので現金を手元に確保したい」と急に通告され、出資が撤回された。」
これまでの環境と一変したと感じます。
長引く低金利から資金の出し手も多く、スタートアップの資金調達方法も選択肢が多かったですが、今後は厳しい状況となりそうです。
【衛星通信企業がコロナで破綻 ソフトバンクGが出資】
https://newspicks.com/news/4765046
スタートアップにとっては、ここ数週間で氷河期が来た感じだと思います。

非の打ち所がないすばらしいスタートアップであっても、たまたま、この時期にファンド・レイズしようとしていたら、集めることは、ほぼ不可能でしょう。

そう、考えると、「チカラだけでない、運とタイミングが大事だ」...という連続起業家の方の言葉が身にしみます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません