新着Pick
1455Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
いくつかの論文がピックアップされているが「ロックダウンのジレンマ」は興味深かった。早すぎるロックダウンは逆に死者の増加に繋がりかねないという研究結果。ロックダウンによって高密度の接触が増え、病院やインフラのキャパを越えてしまうということらしい。キャパを整えてからのロックダウンが望ましいということか。
人気 Picker
昨日の治療薬とはうってかわり、本記事では、ロックダウンやsocial distancingについて検証した論文を取り扱いました。

このような研究の多くがいわば「机上の空論」ではありますが、可能なかぎり現実に即した形で「空論」を描こうとしており、新しい病原体で未来が読みにくい中、データが限られた中、どのように今後を戦っていくか、より失敗の確率を減らしていくかの参考になります。

3本取り扱った中でも、特に環境中のウィルスを取り扱った論文は、各メディアで取り上げられた回数が多く、その分誤解も多かった内容ではないかと思います。

2日連続で恐縮ですが、他の業務の合間を縫って、編集部の平井さん、後藤さんらと力を合わせて出来上がった記事です。このような混乱の中で、目の前の患者さんを助けることと同じぐらい、多くの方の理解を助ける仕事の大切さを感じています。大変な日々を続けていらっしゃる方も多いと思いますが、今後を見通す上で、少しでも皆様のご参考になれば、幸いです。
これは大変わかりやすい論文まとめ記事。

要は「ソーシャル・ディスタンス」がとても重要であるということですが、ロックダウンが良い解決策になるとは限らないという話や空気中のウイルス生存の話も興味深い。

ソーシャル・ディスタンスがとても重要。
そのためには、やはり外出自粛が有効ですね。

一方、記事では触れられていませんが、免疫力を高めることも重要だと思っており、十分な睡眠やバランスのある食事、自宅内でできる運動(スクワットや自重運動)なども個人レベルでやれることかなと思います。
緊急事態宣言やロックダウンをするのかどうか日々議論されている中で、とてもタイムリーなまとめ記事。山田先生いつもありがとうございます。

社会的なアウトカムに対しては、様々な要因がからむので、論文の結論がそのまま日本にあてはまるとも限りませんが、検討する上で参考になる大事な情報です。

正直、ロックダウンしなくても1人ひとりが外出自粛と手洗いをしっかりすれば感染拡大は防げるはずなのですが、
残念ながら、まだ危機感の乏しい人もおられるので、そういう方々にも危機意識と行動変容をもたらすには、緊急事態宣言のインパクトが必要なのかなとも思います。
PaperPicksの2日目は、数理モデルとシミュレーションによって、ロックダウンで死者数を増やしてしまう「想定外のリスク」をあぶり出した論文などを紹介します。

記事タイトルどおり、感染エリアを限定することと、死者数を減らすことに、ジレンマが生まれるのです(数理モデルベース)。あくまで机上の空論でありながら、ダイヤモンド・プリンス号への対応や、首都圏のロックダウンのエリアをどうするかなど、リアルタイムの判断をする参考として非常に興味深い。

また3本目は、メディアがミスリードした論文の「本当の意味」を解説。これを読むと、社会が正しい知識を共有することが、どれだけ死者の増減にインパクトするかが理解できます。ぜひ、ご一読ください。

これはまた必読。ありがたい記事です。

>ロックダウンの発動は、早ければ早いほど、多くの人の命を救うのでしょうか。(中略)
その結果は、早すぎるロックダウンは、結果的に死者を大きく増やす可能性があるという「想定外」のものでした。
>早すぎるロックダウンは感染拡大を招く

こういうことを知ることができただけでも価値ありです。
状況は刻刻変化しており、もはや早すぎるのか遅すぎるのか、今が適切なのかは、私にはわかりません。
ただ、メディアや世論がこうした背景について不勉強なまま「ロックダウンを宣言しない安倍首相は決められないリーダー」とか、「日本は遅い!」と批判すると、判断が左右されてしまいがちなので、そうしたことはかえって私たちのためにならないと思っています。まずはこうしたものを読んでから。
それぞれの論文だけでエビデンスとして十分というつもりはありませんが、少なくともいろいろな気付きを与えてくれます。
今回の一連の件で山田さんには本当に頭が下がります。ただでさえ大変な時期でしょうに、一般市民の啓蒙に勤めてくださって本当に感謝です。

また、NPの報道姿勢も実直そのもので素晴らしいです。騒動を煽ってPVを稼ぐのではなく、冷静に真実を伝えようという姿勢にジャーナリズムの矜持を感じました。編集部の皆さん、このような記事を届けてくださりありがとうございます!!
さすが山田先生!昨日に続いて力作で興味深かったです!

友人に教えてもらったのですが、HUMAN RIGHTS WATCHによると、下記のように「強制するより自主的な隔離措置を求める方が有利」といった趣旨の報告もされています。

“Voluntary self-isolation measures [combined with education, widespread screening, and universal access to treatment] are more likely to induce cooperation and protect public trust than coercive measures and are more likely to prevent attempts to avoid contact with the healthcare system.”

出典:https://www.hrw.org/news/2020/03/19/human-rights-dimensions-covid-19-response?fbclid=IwAR22URl6RwgrspNPHWJg4vxihVn44wzdHbxPAVTVbBgplt55x29Ikwfw-U0#_Toc35446580

スウェーデンの緩いやり方に対しては賛否両論ありますが、ロックダウンのメリットとデメリットを比較考量して極めて論理的に考えたうえで決めたのでしょうね。

いずれにしても未曾有の惨事に対して、唯一無二の正解がないなかで世界各国、政治、医療、教育、各分野のリーダーはしびれるような判断をしていくことが求められています。

正解がないだけに「正解にする!」と意思を持ったリーダーだけが結果的に正解にしていくのでしょう。

そんなことより何より、山田先生のキメッキメのプロフィール写真が何とも言えませんね。今度、この写真を酒の肴にしながら山田先生と飲みたいと思います♪
山田先生のこのアウトプット力、本当に尊敬します。

ロックダウンに関しては医療や疫学の専門家の中でも賛否両論あります。言葉の定義も曖昧であり、今回示されている論文の武漢の状況と感染が東京・大阪を中心に全国に蔓延しつつある現在の日本の状況とも異なるというのは間違いありません。

岩田健太郎先生がブログに書かれていますが、下記内容に同感します。
https://georgebest1969.typepad.jp/blog/

『「ロックダウンは大きな経済的損失を伴う。だから、反対だ」という意見があるが、ではその根拠に基づいてロックダウンを回避した場合、先に待っているのはなんだろうか。おそらくそれは、「もっと巨大なロックダウン」である。感染が手を付けられないくらいに拡大した状態でのロックダウン。それはより広範囲の、より厳密な、より長期間のロックダウンである。「ロックダウン」の代替案は「もっと巨大なロックダウン」であり、「もっと巨大な経済損失」である。どっちがましなプランであるかは、火を見るよりも明らかだ。腹腔鏡下手術で皮膚に傷がつくのが嫌だ、と拒んでいると、待っているのはより大きな病巣になってしまい、もっと大きな皮膚切開を伴う開腹手術なのだ。』
論文を組み合わせて読むことで、ひとつひとつの研究の意味合いが深まっていく。
素人にも、そんな体験を味合わせてくれるような”PAPER PICKS”。
全人類未体験の領域では、仮説と論証があることのありがたさを痛感します。

最後は、論文への愛で締め括られていて、驚きました。
「論文はひとつひとつに感動があり、そこから学べるエッセンスがあります。普段はあまり接することがない方々にも、その読み方を伝えることができていたらと思います」

定義があいまいなまま語られがちな「ロックダウン」についても理解が深まります。
「3711人の乗客乗員の多くは、10日間以上にわたって船外に出ることが許されませんでした。つまりロックダウン状態です。
その結果、全体の約20%に当たる711人が新型コロナに感染しました。
この論文の仮定にならうと、もし日本社会全体が即座にソーシャル・ディスタンスを取れたならば、ロックダウンしないで外部に解放した方がトータルの患者数は減っていたかもしれません」
ロックダウンが本当に効果があるのか、またソーシャルディタンスの意味は何か、他国の事例やそれに基づく統計的推論を交えての解説はとても分かりやすい。
もちろんこれはあくまでも仮説であり、正しいかどうかということがポイントではありません。

特にウィルスはどの程度生存できるかについての情報は、報道されたものとは違う話であり、また自分が思っていた疑問を解決してくれるものでした。
最後にあった施策の組み合わせの話も重要な話で、我々も生活の中でこれをしっかりと意識すべきだと分かりますね。

何とかここまで踏み止まってきた日本は、感染拡大している他の国の状況を踏まえて意思決定を行うことが出来ます。
多くの人がストレスを抱えてヒステリックになりつつありますが、ここは我慢のしどころですから、皆んなで正しい知識を持って冷静に対処しましょう!