新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NHKが午前6時のニュースで「独自」の冠をつけて報じていました。共同電はそれを追ったものでしょう。広島地検は、ウグイス嬢とは別の買収容疑で、河井夫婦、議員本人の立件をめざしているようです。連座制で議員失職への手続きを進めながら、議員本人への捜査を展開しています。うがちすぎかも知れませんが、近畿財務局職員の遺書が明らかになったことは、検察のお尻を叩いていると思います。あれだけの証拠がありながらなぜ不起訴にしたのか。法律論で説明できても、国民に伝わらないと意味がありません。検察は、きちんとした姿勢を示すことを今、求められていると思います。
議員自身がけじめをつけられずにいるなか、司直によって事実がどこまで固められるか。政治のムードに流されることなく、手続きが進められるべき案件。結論を待ちます。
広島地検が、克行氏の後援会幹部や広島県議らについて「案里氏の昨夏の参院選を巡り、陣営から現金を受け取った可能性があるとみて」任意聴取しているとの報道