新着Pick

ウェザーニューズ式 高収益体質のつくり方

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
156Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウェザーニューズは、BtoBのプラットフォーム目指す場合、一つの理想形だと思っている。
従来は気象情報を各船舶運航会社が天候情報提供者から買い、自社運営室と船舶の間で、航路や速度を判断していた。それを同社も含む3者で議論する形に変わった。ミソは、船舶会社のみだと自社の情報しか入らないが、プラットフォームであるウェザーニューズの場合、他社の情報含めて持っていること。船は速度を倍にすると燃費は約4倍悪化する一方、荷物を契約通りの日時に届けることも重要。悪天候の場合、いつスピード変えてどの航路とるのか、顧客契約上も燃費上も重要。同社活用して燃費改善できることは、他社にとっても企業秘密エリアではないからプラットフォーム活用するメリットがある。そしてデータもたまっていくし、さらには船舶ごとに燃費傾向とか違うので、更に最適化が上手くできるようになる。
下記PDF、興味ある方は是非お勧め(PCとかタブレットじゃないと見にくい、スライド18-26あたりがオススメ)。
http://weathernews.com/TFMS/topics/seminar/2012/pdf/15th/TFMS.pdf
katoさんコメント、参考になりすぎる。骨太の記事に的確なコメント。これぞ、ニューピクの真骨頂
to Bビジネスでは顧客の経済性改善が基本のキ。船という極めて経済性にヒットして、かつ規模が大きい業種からスタートしたのが勝ちだったということでしょう
良記事。無料で知ることのできる気象情報に顧客ニーズを捉えて付加価値を追求した結果、だ。業界は違っても示唆の多い例だと思う。
---
新サービスの開発にあたって、まずは誰に(どの領域の事業者や生活者に)気象情報を提供すれば大きな価値が生じそうかを探索する。その判定基準は、顧客の困り具合の大きさ、そして市場を拡大させる展開性の高さだという。
すごくためになる記事。
情報を足し合わせて付加価値を乗せる。
言うは易しで、これをやりながら高い収益性も保ってるのだからすごい。
ウェザーニュースは独自の衛生を打ち上げるなど進化している。
衛星も日本人が作った世界最小のもの。
http://m.huffpost.com/jp/entry/4322364/
上手く法人需要を取り込んでるんですね。
ハイテクなイメージはないねー
株式会社ウェザーニューズ(英語: WEATHERNEWS INC.)は、日本の気象情報会社。 ウィキペディア
時価総額
405 億円

業績