新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Googleの年次開発者会議は完全に中止と発表されました。カリフォルニア州が全州で新型コロナウィルスの影響で外出禁止令が出され、準備ができなくなってしまったと思われます。Appleはオンラインでの開発者会議開催を発表していますが、状況が刻々と悪くなっているだけに、何らかの影響が出る可能性は否定できません。

特にAppleは毎年、ソフトウェアを刷新して3ヶ月後に、これを最大限に生かすハードウェアを発表し、開発者に対して3ヶ月の開発期間を与えると言うサイクルをとっていました。そのため、今年のテクノロジーシーン全体が、停滞してしまう可能性があります。

既に感染のピークを越えた中国と、米国や欧州の現場が非常に対照的です。引き続き注視していかなければなりません。
記事に書いてある通り「自宅待機で準備ができないから」というのが本当の理由だとすると残念。もちろん色々な事情がありますが、この時期をどう活用するかのお手本になって欲しかったですね。
「シリコンバレーなんだから、リモートでも大丈夫でしょう?」という楽観論を打ち砕くようなニュースですね。

実際にやってみると、「オンラインで仕事できる」...とは言うものの、やはり「動けない」、つまりオフィスや現場に行けないということは、できなくなることも多いのです。

そうしてみると、レストランや個人店舗のように、目に見える休業被害もありますが、そうではないところで、企業などに、強烈なボディーブローが打たれていると考えるのが妥当でしょう。

こうなったら、このまとまった時間で、集中して考えるなどの「籠もり作業」をやることを考えなければ、時間を効率良く使うことは難しそうです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
今の時期、かなり暖かくなる南カリフォルニアに対して、朝晩は、ダウンが必須なほど寒くなる北カリフォルニアでは、同じ外出禁止令でも、人々に対するインパクトがかなり違いますよね。
シリコンバレーでは、働いているホームレス→車で生活しているホームレスがかなりいると聞いています。
本当のホームレスが大半の南カリフォルニアとは必要な対策も変わってくるのでしょうね。

どちらかというと、シリコンバレーがある北カリフォルニアの方が深刻なのでは?
確かに企画側の工数とかあるからなあ。とはいえYoutubeあるのにオンラインでもやらないほど大変なのかという印象を持ってしまう。