151Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
4月にも臨床試験開始かと言われていたので、順調に進んでいるのですね。
安全性有効性は今後の結果次第で、
もし実用化できたとしても1年以上先となる見込みなので、

もしCOVID-19がそれまでに封じ込められれば必要なくなりますが、
インフルエンザのように毎年付き合っていくものであれば、必要ですし、
それはまだ分からないですが、
プランB、プランCは必要ですので。

この機会に、感染症に対するワクチンの重要性を日本人も再認識してもらいなと。
有効にもかかわらず日本では活用されていないHPVワクチンについてはこちらご参照ください↓
https://newspicks.com/news/4676523/body/?ref=search
既報の通り、計画の通りに開始になったというところだと思います。試験結果が出てはじめて有効かどうかが分かるので、有効だという先入観で待っているとがっかりする結果になってしまうかもしれません。また、仮に有効だったとしても、実用可能になるにはまだ1年ほどかかるということにも注意が必要です。

このままCOVID-19が毎年のように流行する感染症になる場合に、将来的に有用になる「可能性がある」というのが現状の正しい表現です。

また、これだけ社会的インパクトをもたらしている感染症ですので、有効なワクチンができれば、改めて「ワクチン」自体の価値も見直されるかもしれません。COVIDに合わせて、インフルエンザや肺炎球菌、HPVなどのワクチンの価値も見直されることに繋がれば、と願います。
稀ながらワクチンを打った方が、そのウイルスによる症状が悪化する事があります。その機序はよく分かっていませんが、例えば1960年代にRSウイルスのワクチンで起きています。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/RSウイルス

こんな事はあってはならないので、人に投与する前に数ヶ月に渡る十分な動物実験が必要です。ましてや、このコロナワクチンは"ワクチン"という名前をつけていますが、その実体はm RNAという今までのワクチン(=弱毒化したり死んだウイルス)とは異なるものです。本来、十分な動物実験があってしかるべきです。こんなにも早く人の実験を開始するなんて、去年末までの"常識"では許されなかったはずです。

あのFDA(米国で食料〜医薬品の安全を守るために絶大な権力のある機関)が横ヤリを入れた様子がないのが驚きです。それだけ、このコロナ禍が差し迫った重大な危機であるという事でしょう。

自分は四半世紀くらい医者をしておりますが、次から次へと経験した事がない"事件"が起こり唖然とし続けています。
既存のワクチンの何かが効果があるということになれば、その先は早いので、この成果を見守りたい。
COVID-19のワクチン候補を評価する初のヒト臨床試験が、米シアトルで始まっているそうです。
ある面で感情的に世界をあげて過剰反応しているところがあるとするとこうした前向きなニュースは状況の適正化に大きな影響を与えるでしょうから期待大。治験者も大変だよなあ、がんばってください!
「ワクチンが利用可能になるまでには1年~1年半かかるとの見通し」
速いな
1年か〜
いいニュース。