新着Pick
431Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私が行っているプレゼンの解析では話している内容と話し方の解析をしています。動画からの書き起こしはまさにこの記事で紹介されているようなサービスを利用しています。体感的には9割位合うのでプレゼン解析の精度としても特に問題ありません。

あと、実現できたら嬉しい機能として
・超高速化。いまはN分の音声の文字起こしにN分くらいかかります。
・タイムスタンプの付与。その発言は何時何分、もしくは音声ファイルの頭から何秒後になされたのかが知りたいことが多々あります。
などがほしいです。
うはー、これは凄い。
文字起こしサービスで既に800社も有料契約されてるサービスあるんですね。
Smart書記、全然知りませんでした。

文字起こしって技術的には、Googleの音声入力とか使えば既に誰でもできるんだけど、痒いところにイマイチ手が届かない典型的なキャズム越えしてないサービスの印象が強いです。

もちろん、けんすうさんとか勝間和代さんとかイノベーターの人は普通に使いまくってるみたいですが、影響されて使ってみたら自分にはいまいちピンとこなかったんですよね。

それがSmart書記だと、足りないところをサービス側でカバーして、さらに月額10万円からという大組織向けのプランに特化することで乗り越えてるのがとても興味深いです。

実は普通のビジネスの現場だと、会議の全文文字起こしとか、普通にボリューム多すぎて無駄でしかないんですけど。
官公庁とか大企業とかは言った言わない問題にならないよう全文起こしが必須だったりするので、それを10万円で効率化できるなら安いという判断は容易に起きそう。

キャズム理論でいうところのボウリングピンをホールプロダクトで狙い撃つお手本のようなサービスですね。
社長がOpen Network Lab出身というのが納得感高いです。

文字起こしサービスは、いよいよ本格普及が始まりそうな気がします。
最近英語の書き起こしでOtter.aiを使い始めて、便利さに感激しているところ。特に、Zoomとのインテグレーションが素晴らしい。日本語のものが欲しかったところ(Otterは英語のみ)。

Otterでは話者の識別はある程度できて、最初のほうで話者の名前を入れると、同じ人が話している部分は自動的にその人の名前がはいるとか、簡単なテキストマイニングができたりします。

このSmart書記では、自動的に翻訳ができるのはすばらしい。私のような個人にはちょっとお値段が高いですが、英語ほど顧客が多くないので仕方ないのでしょうね。

OtterもGoogleをベースにしているようですが、これなども単なる音声認識以上に「書き起こし」という作業に徹底的に特化して便利にするというのがミソ。

いつも言っているように、「大事なのはAIでなくUIである」。今のAIは、要するに「入出力の自動化」ツールであり、それが人にもたらす価値は「UIの改革」だと思っています
私はGoogleの音声認識と、PCでは、VoiceInというChrome Extentionを使っています。それを使えば、Chromeの中では、かなりの範囲で音声入力可能です。

Googleの音声認識は、日本語でも(私の)英語でも、どちらでも、ほぼ完璧で、本当に感動ものです。

少し前までは「音声認識は使えない」という印象でしたが、今は全くそう思ってはいません。

Pixelをお持ちの方は、そのまま使えるので、LINEなどでテキスト入力する際に音声入力してみると、その凄さを体験できます。

iPhoneの方は、APP StoreでGoogle Assistantというアプリをインストールすれば、Googleの音声認識をiOS上で使えます。

数年前のものとは全く違う出来で、本当に使えるものになっているので、是非、試してみてください。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
議事録書きで議論の要点をまとめる力が付いたり利点もありますが、そこに時間をかけ過ぎるよりも議論に積極参加して意思決定に携わった方がより多くの利点があると個人的には思うので、どんどん進めばと思います。
記録に残るのは良いですね。言った言わない防止に。
しかしAIだと言ったこと全部余すとこなく残せてしまうので、人間がいちいち修正しないであろうことも考えると、余計なことを言わないようにする練習もいるかも...文字起こされの恐怖。
ウォークマンに録音機能がついた頃から会議を録音して文字起こしをすることがデフォルトになり、かなり仕事の時間を割かれるようになりました。AIで解放される。AIが仕事を奪うと怖れるむきもありますが、こうして仕事をやらせるありがたいユースケースが着実に増えています。ちなみに松田社長は、CiPファンド1号投資案件「フーモア」のCOOだったかたですね。
日本にはまだ導入されていないとのことですが、zoomも会議内容を文字起こししてくれる機能がついたとか。質的研究のインタビューも、対面ではなくてwebで行えば自動で文字起こししてくれる!!あの文字起こし地獄から解放される日も近い!?
あとは、対面インタビューと比べてwebインタビューが研究データとして認められるかどうかなのでしょうけど、、、