新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
優れたリーダーになった人もみんな寄り道、回り道、遠回りされていますよね。

野球の王さんも名監督になりましたが、巨人時代は苦労の連続。駒田に殴りかかられそうになったり、まったく人心を把握できずに実績を残せませんでした。

でも、そうやって苦労された方こそ素晴らしいリーダーになられているような気がします。
「シゴテツ -仕事の哲人-」、静岡聖光学院中学校・高等学校の校長・星野明宏さんの第5回です。弱小ラグビー部を花園に送った星野流リーダーシップの極意とは?
---
新型コロナウイルスは、学校教育のカタチも大きく変えようとしている。

2月末に突如打ち出された休校要請で全国の学校現場が大混乱に陥る中、早急に授業のオンライン化を実現した先行モデルとして注目された静岡聖光学院中学校・高等学校。

旗振り役となった校長の星野明宏氏は、元電通マンで弱小ラグビー部を花園に出場させたラグビー指導者という異色の経歴を持つ。「自分にカリスマ性はない」と語る星野氏独自のリーダーシップとは。(全7回)

■第1回 元電通マンの校長、授業オンライン化を速攻実現
■第2回 強みなし、目立たない私の「電通サバイバル戦略」
■第3回 平凡、弱小、B級でも、勝負をひっくり返せる
■第4回 メンバーの心に火をつけるホース型コミュニケーション
■第5回 弱小ラグビー部を花園へ導いたリーダーシップの極意
■第6回 授業オンライン化を可能にした学校の組織改革
■第7回 過去の分析はいらない、未来の自分をイメージせよ
前回のホースの話もそうですが、今回は特に奥の深い話と思いました。「人は逆さにして振らないと本音を言わない」とおっしゃっていたのは若くして亡くなった任天堂の元社長の岩田さんですが、相手を主語にしてその力をどれだけ引き出すか。リーダーというとその人に脚光が当たることが多いですが(永守さんとか)、フォロアーの成果こそリーダーを測る指標だと痛感します。教員として耳が痛いです。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。