新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上場企業の経営陣は、いつ何時も「株主価値の最大化」をミッションとして負っているので、買収を仕掛けられた会社の経営陣は「まだまだ過小評価ですよ」と言い続けなければなりません。当然の発言をしているまでです。

もっとも、敵対的買収を阻止するためには「俺たちに任せておいた方が株価は上がるぜ」ということを既存株主に示して納得してもらわなければいけません。
買収提案を拒否する時は建前であってもこういうコメントにしてもらいたいもんです。「突然」とか「不誠実」とかは株主にとってはどうでもいいことですから。
2008年にMicrosoftから$45 billionのオファーを「安すぎる」と蹴ったYahooみたいにならなければいいですけど。
ちなみにYahooは2006年にFacebookに$1 billionのオファーをして、(諸説ありますが)いったん合意したものの直前で値切って破談になったという話もあります。
M&Aは一皮むくととっても人間臭い研究対象です。
一方で、市場でのHPの株価は21.5ドルで、引き上げられた24ドルはおろか、その前の22ドルにも達していない。もちろん、HP側の反対で買収成立の確率が低いからという可能性はあるが、HPが思っているほどHPの価値が高くない可能性もある。その場合、買収されなかった経営手腕に対して、経営陣が問われていくという側面もある。
ゼロックス(Xerox Corporation)は、印刷機器の製造販売を行うアメリカ合衆国の会社。フォーチュン500に入っている。プリンター、複合機、複写機、デジタル印刷機、および関連サービスを提供している。創業地はニューヨーク州ロチェスター。 ウィキペディア
時価総額
3,645 億円

業績