新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在、アメリカに加えて、カナダ、イタリアでも金利が低下し、軒並み1%を割っています。

これでG7で10年物国債利回りが1%を上回る国は無くなりました。世界中の投資家がリスクオフに走っていることを端的に表していると思います。
昨日の一番のニュースはこれだと思う。
10年債利回りで初めて1%割れ。元々FF金利より低かったが、FF金利が0.5%引き下げられたことでこっちも調整した。ただ1日でそこまで調整するとは…
利下げ直後に1%割れしたのではなく、ジワジワ下落していった(一日の値動きとしては極めて速いのだが…)。
ドルの資金規模は当たり前だが世界最大。リーマンショックやその後の米国の緩和策、そしてその時代のドル円などの動きを思い出すと、影響が気になる。
もはや先進国と資本市場で定義される国で10年利回りが1%を超える国は消滅…。世界ゼロ金利の世界になったら、ジャンク債バブル継続なのか、銀行株が危険水域になるだけなのか…注目したい案件
利下げは波及効果が出るまで時間がかかりますから、直ちに景気浮揚はできません。ただ、だからと言ってまた巨額の財政出動を繰り返すのも考えもの。短期的なスムージングオペレーションとしては仕方ないですが、日本のように中央銀行が買い支える形での、つまり事実上の日銀引き受けの財政出動には財政規律を損なわせる副作用が大きい。経済の自律的回復に向けた地道な規制緩和と低金利環境の継続しか長期的な効果はない。
米国債の利回りが下がってドルが売られるのは教科書通りなんですが、ここ1週間くらいのユーロの買い戻しが何とも解せません。
金利差縮小期待からの買い戻し、という説明もわからなくはないですがスピードがいささか急すぎるように感じます。

いろいろなところで急激な動きが進んでいますので、逆方向に動くときもまた大きな反動となりそうです。
米国でもゼロ金利が現実味を帯びてきた印象です。
3日のニューヨーク債券市場で、米長期金利は指標である10年物国債利回りが「1%を初めて下回った」とのこと。