新着Pick
219Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
映画「パラサイト」がアカデミー賞で最優秀作品賞を受賞したことをきっかけに韓国コンテンツやエンターテインメントへの関心も高まっていますね。

しかし、日本人の方々にはあんまり知られてないところも含め、韓国コンテンツをビジネス的なアプローチから見てみるのも良いのではないかと思います。

ちなみにですが、つい最近の2月28日に映画「パラサイト 半地下の家族」が「フランスのオスカー賞」と呼ばれる第45回セザール賞授賞式で外国語映画賞を受賞しました。昨年の第44回セザール賞の外国語映画賞は、日本の是枝裕和監督の「万引き家族」が受賞したこともあり、最近アメリカやヨーロッパなど海外からは東アジアのコンテンツに対する関心が集まっています。このまま東アジアのコンテンツを世界にどんどん広げられると良いですね。
コンテンツも、サービスもプロダクトも、世界的に広がるものには、共通項を見出すことができます。
一方、ローカルなものにこそ、グローバルで突き抜ける理由があるということを、「パラサイト」のアカデミー賞受賞は示しました。
"The most personal is the most creative."

「韓国カルチャーが世界で評価されているのは、単なる偶然ではありません」
と言い切る力強さには学ぶことが多い、です。
カン ハンナさんのコメントにあるように、韓国単体、日本単体で考えるだけではなく、アジア総体として存在感を増していけるといいと思います。
“We are all one.”
コンテンツの告知・流通インフラの大切さがわかりました。いいコンテンツだけでは広まらない。認知されない。儲からない。
「何よりもスピード」とあるのが印象的。業界単位でスピード感があるのであれば、勝ち筋がある。とても納得感のある記事。
全てでは無いけど、半導体やスマートフォンの製造にも通ずる話だと思いました。
この連載について
「ProPickers NOTE」では、NewsPicksプロピッカーが、様々なジャンルの注目トピックについての寄稿を連載していきます。