新着Pick
323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この方のスタンスは変わらない。
リーマンショックの時もそうだった。

「企業には常に問題が起きる」
「注目しなければならないのは、こうした事業が5年後、10年後にどうなっているかだ」
こう言い切れる胆力と、経験の積み重ね、日々のリスクヘッジに向けた取り組み。

改めて学ぶべきところが多いと思う。
その矜恃に敬意を表したい。
リーマンショックの時ですら

「Buy American.I am」(アメリカを買おう、私は実行中)

とNYタイムズに寄稿して買いに向かった勇者なので、その言葉に説得力があります。今回もホントに買いで立ち向かうんでしょう。
あくまで10-20年の長期での話。そもそもかつてないほどキャッシュポジションを膨らましていた(1200億ドル=13兆円ほど、下記)。相対的に高いと判断していなかったらこんなにキャッシュポジションを積んでいないだろうし、安くなったら買う。今が買うほど安くなっているかは分からないが、前より安くなったから『バークシャーが前週末よりも「確実に買う方向に傾いている」と発言』。
https://cnb.cx/37UsGBt
長期目線で投資できるファンドであり、信じてもらえる信奉者がいればこその戦略。

ひとまずリスク回避で売る投資家が間違っているというわけではなく、投資ホライゾンの違いが大きいと思います。
投信積立などで長期分散投資を実践している個人投資家も、「日々のニュースに左右されてはいけない」というバフェット氏のメッセージを肝に銘じ、じっと耐えることが重要です。
至極もっともな意見だと思います。

新型コロナウイルスによる悪影響は自然災害のようなもので、いずれは収束に向かいます。

経済環境の変化等が要因でない限り、一過性の災害で株を売るのは間違っているのでしょう。
もちろん、サプライチェーンにも影響が出るでしょうが、いずれは回復するもの。

「売らないと生活できない」
というような場合でなければ、ホールドが正解かと。
リーマンショック直後もそうですが、今回の新型肺炎危機は、確かに長期的には買いですね。
同じようなことを聞いて、リーマンショック直後に、さぁ、株を買おう‼️とパソコンの前に座ったものの、下がった銘柄でどれを買うべきかの判断が実は難しいという悟りました。
→特に長期投資の場合

実際に、昨晩のニューヨークでは下がったら買い❗️と、腰眈々と狙っていた投資家のおかげで、マイクロソフト株は、思ったより下がらなかったです。一番簡単だと思ったのですが…
もっとちゃんと探さないといけないらしいです。
今日の取引でNY株は1000ドル近い下落幅となっている。その中でバフェットの言葉。
>新型コロナウイルスの感染拡大に懸念を示しながらも、株式を売る時ではないとの見方を示した。米CNBCのインタビューで語った。
長期的に考えれば、「売り」ではなく、今が「買い」!
バフェット氏は正しいと思います。でも、短期思考のデイトレーダーにとっては売りですよね。
人の行く裏に道あり花の山