新着Pick
1053Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
味覚にも流行があります。ファンションとは違い、毎年大きく変わるわけではないため、気づきにくいですが、人の味覚も社会の流れとともに変化しています。
分かりやすいのは、ラーメンだと思います。食品メーカーは、この微妙な味覚の変化(社会変化)に合わせて調合を変えているそうです。
フェイクミートが世界的に流行だしたのも、社会的な変革の一環だと思います。
新しい食文化の誕生だと思います。
フェイクミートの裏側にある、大富豪の「思想」がもっとも読みどころです。思想こそ新しいビジネスのコアだと感じます。

もしスーパーマーケットの肉売り場に行って、リアルな豚肉(260グラム、約540円)と、人工豚肉(260グラム、約520円)が並んでいたら、どちらを買いますか。栄養価や健康に良いなら、その味が美味だと思うなら、フェイクミートを選ぶのではないですか。

この質問をアジアの25億人市場に突きつけているのが、香港や台湾、中国の一部を席巻しているフェイクミート「Omnipork」です。2020年5月までに、日本の有名飲食チェーンやホテルと手を組んで、市場参入することを明かしました。

新しいムーブメントを生み出して、気候変動と戦っているミリオネアの物語をご一読ください。
中国は世界の豚肉の半分を食しているというほど豚肉が国民食。

その中国市場を狙って、北米の植物肉「インポッシブルフーズ」も豚肉を開発、ライバルの「ビヨンドミート」も中国本土の攻略に向け動いています。

では、オムニポークにとっての強みは何なのか?

聞いたところ、餅は餅屋だというものでした。
彼らは西洋の食には通じている、だって食は文化と密接に繋がっているから。だからアジアのことは私たちの方がよく知っているのとDavid Yeung氏は話していました。

フレキシタリアンが増える中国、世界で人々の胃袋を掴むことができるのか。

オムニポークは、餃子、麻婆豆腐などに入れると美味しいとのことですがボロネーゼの具材としてもいけるよう。6月に日本のどこで味わえるのかとても楽しみです。
ダボス会議においても、日本政府や日本企業はサステイナビリティの施策に遅れをとっていると非難されたようだが、明らかに世界のミレニアム世代にとってサステイナビリティは最重要課題だ。我々ネスレも、プラントベースのプロテインミート市場に、アメリカのスタートアップカンパニー"Sweet Earth"を買収して参入した。日本においても、20年後にコーヒーとチョコレートの会社と思われているようでは、ネスレ日本も生き残れないだろう。その時代の主要顧客はミレニアム世代中心だからだ。
Omniporkについては、下記も。
その時は「中国でも代替肉の企業が出てきた」くらいの印象でPickしたのだが、2020年上半期に16か国、1万5000店舗以上で売る計画とは一気に拡大させようとしている印象で、ビックリ。
https://newspicks.com/news/4113053

下記の農業・畜産の種類ごとの温暖化ガスのインフォグラフィクスも併せて。牛が圧倒的だが、豚も多く、消費量と合わせて環境インパクトは大きい。
https://newspicks.com/news/4623104
畜産は、大量の水を消費し、二酸化炭素とメタンを放出します。更に、解体処理や輸送で二酸化炭素を放出します。

こういった環境問題の改善のために、植物肉や培養肉が必要というのは理解できますし、
また、今後、世界の人口が100億人を超えてくるため、タンパク質の絶対量が足らず、
その生産を補うために、人工肉を製造するのは理解できることです。

また、畜産で生産された肉にはタンパク質の他、脂肪が大量に含まれ、健康問題を引き起こすことにおいても、人工肉が必要とされます。

記事中で謳われている人工肉であるオムニポークは、
「大豆やえんどう豆などに加えて、シイタケ、ビーツ、米などの材料を絶妙に組み合わせており、さらに粘着剤や固化防止剤なども入れている。」
とのことですが、
気になるのは最後の粘着剤や固化防止剤などです。

近年、日本の食品産業でも無添加が一つのキーワードになっています。また、添加されているとしても化学薬品ではなく、自然由来の成分であることが望ましいです。

簡単な例で言えば、着色料です。
着色料には合成着色料と天然着色料があり、前者は発がん性がありアメリカでは禁止されている赤色2号というものなどがあり、
後者は天然由来の紅花色素などがあります。
もちろん、天然着色料の方が体に良いです。

人工の食品添加物の全てが悪い訳ではありませんが、
日本ではアメリカやヨーロッパに比べて、添加物に対する規制は甘いため、私たちは無知なまま、日頃より食品添加物を大量に摂取しているのです。
人工肉には当然着色料も入っています。人の体に良いものとするなら、着色料も含めた添加物等にも気を配って製造することが必要です。
そして、このような植物肉が拡大するに当たっては、安心安全なことを保証できるトレーサビリティも必要に思います。
人工肉の記事を読むとどれも「美味しい」と言われていますが、どのくらいのものなのか実際に食べてみたいところ。味、値段が実際の肉とどのくらい差があるのか、それと「環境コンシャス」という「価値」をどの程度感じるかの天秤ですね。
経済原理の中で解決するには、本来的には環境に悪い本当の肉に対してはそれなりの課税をすることで、肉の値段をあげるというのが正しいのでしょうが、農業政策的にも、一般市民の食事情的にもなかなか難しそうです
食べているのはテックという空気。自分は普通においしいと思ったけれど。なめらかなサイボーグ社会へ。
肉はパワーの源だと考えている人(特に男性)は、Netflixの「ゲームチェンジャー:スポーツ栄養学の真実」を見てください。肉より野菜なんです
フェイクミートはどっかでバブルが来るんだろうな。今はこの分野に多くの資本が集まっているが、どこかで作り過ぎて供給過剰になる。そこで値段が崩れて、最初のプレイヤー達が死んだ頃に真の勝者が出て来るだろう。逆に言うと、今聞いている名前は皆開拓者として玉砕するだろうってこと。