新着Pick
90Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
共産党がそこそこ強いものの、結局自民党その他オール与党体制が勝つのが京都の選挙です。
 今回は、自民・公明の他に立憲民主、国民民主も現職の門川氏支持でした。共産党とれいわ新選組が指示する福山候補は、野党の票を伸ばしはしましたが、敗れました。立憲民主支持層は、福山候補にかなり入れていると見られます。
 区ごとに見ると、京都大学のある左京区では、福山候補が勝ち、同志社のある上京区や立命館のある北区でも、福山候補が追い上げています。しかし、最も人口の多い伏見区などの南部では、門川氏が大差をつけて勝っています。伏見区などの南部は、公明党が強い地域でもあります。
 この選挙で、最もインパクトを受けたのは立憲民主党でしょう。支持層がれいわ新選組に食われかねない、ということは明らかですが、それを防ぐためには、差異化を図って対立するべきか、協力するべき機会を増やすべきか、判断を迫られるでしょう。共産党は共産党で、れいわ新選組は自党候補の得票拡大に役立つものの、やはり支持層を奪われかねない存在であることが見えてきたでしょう。

▽門川大作、無所属・現。当選。21万640票 
▽福山和人、無所属・新。16万1618票。
▽村山祥栄、無所属・新。9万4859票。
最初に京都市長選を取材してから早12年...。しかも、候補者のうち2人が当時と同じ。。感慨にふけりたくもなりますが、いずれにおめでとうございます。

【トリビア追記】
あ、ちなみに初当選のときは、共産党候補との票差は952と、ギリギリの勝負で、市長は952という背番号の入った京都サンガのユニフォームを来ていました。
世界の京都を変えるべく大胆な政策を繰り出してきた門川市長、再選。京都市が支援する京都国際映画祭も無事継続で、ホッとしています。今日からまた和服でんな、市長。
京都市長選挙は現職の門川氏が当確となったようです。
今回は投票率も高かった様子。4割を超えたようです。
https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/local/2020/kyoto-shicho/
自民、公明与党支持者に主要野党が相乗り、しかも四選、、、
石原都知事の四選を批判していた民主党系は恥ずかしくないのかい?とも思いますが
きっと野党をも魅力するよほど優秀な方なのでしょう

それにしても選挙に勝って万歳🙌って令和の時代要ります?
自公と民主系が実質的に相乗りする現職と、共産・れいわ新選組がタッグを組む新人との争いでしたが、現職に軍配。京都は共産が強い地盤ですが、現職批判票は第三の候補にも流れ、投票率が上がっても、共産の地力を超える波及効果はあまりなかったようです。それにしても、激烈な選挙戦でしたね。
【政治】共産党の敗戦の弁は「今回は相当な反共謀略が展開された」というものになりそうだな。