新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「中東和平」とは、1948年のイスラエル建国に際して、イスラエルがパレスティナ人の居住地を自国領土として接収したことに端を発します。その後、イスラエルとパレスティナ人勢力(PLOなど)とアラブ諸国は4度の中東戦争を繰り返しました。この中東戦争を繰り返したイスラエルvsパレスティナ人勢力+アラブ諸国の和平を結ばせるのが「中東和平」です。和平によって、イスラエルはその存続の安全を保障されます。
 4度戦争に敗れたアラブ諸国は、今やイスラエルに楯突くことは考えにくいです。正式な和平を結ばなくても、もはや中東戦争は起こらない、という考え方もあります。しかし、イスラエルという国は、非常に先のことを予見して動くので、現状を楽観視していません。
 一つの問題は、ユダヤ人の少子化が進み、他方でアラブ人の人口は、パレスティナ統治地区を含めて増え続けていることです。いずれユダヤ人が少数派になるので、アラブ人を国民ではないということにして隔離する必要があります。
 二つ目は、中東の変化があります。エジプトやシリアなどアラブ諸国はもはや恐れるに足りませんが、次に中東戦争が起きるとしたら、アラブ諸国に共通して存在する政治勢力であるムスリム同胞団か、イランが、イスラエル周辺で最大の権力を確立した時でしょう。
 イスラエル政府としては、アラブとイランの脅威を事前に消滅させなければなりません。幸い、サウディアラビアは簡単に丸め込むことができました。サウディアラビアに500億ドルを出させて、パレスティナ人には一定の豊かさを与えるから、隔離された地区で居住して二度と領土問題で揉め事を起こすな、というのが、この「中東和平案」の概要で、
・パレスティナ人統治区域は一部が取り上げられて、代わりに砂漠地帯が与えられる。首都は「東エルサレム」(実質的には都市外の辺地)となる
・イスラエル外に出ているパレスティナ人難民については、帰還の権利を否定する
といった条件も付けられています。
 パレスティナ人側やアラブ諸国の側は、誰一人この「中東和平案」発表の場に出席していません。特にパレスティナ人勢力は、事前に合意もしていないし、説得や説明すらされていません。イスラエルの武力とサウディアラビアの資金で有無を言わさず実現することを前提にした案でしょう。しかし、それではイスラエルを取り巻く将来的な脅威は消滅しません。
紛争の片方の当事者と並んで和平案を公表する点ですでにバランスを欠いており、トランプ政権に本気で中等和平交渉を仲介する意欲があるとはとても思えません。大統領選にむけて国内福音派へのアピールのため、という理解が自然かと思います。
パレスチナ問題の交渉のポイントは大きく3つあり、①国境線の確定(=占領地内にあるユダヤ人入植地の扱い)②聖地エルサレムの扱い(東半分は67年にイスラエルが占領した占領地)③過去の中東戦争で故郷を追われた難民の帰還権、です。今回の和平案は、①②についてイスラエルの主張を丸のみ、③は実質的な内容なし、という中身でした。
3年間かけてクシュナーやグリーンブラットがネタニヤフと相談して、イスラエルの希望を全面的にリスト化し形にした和平案。これで和平が訪れると思う人がいたらおめでたい。ただ、パレスチナ人がここまで舐められたのは、アラブ諸国の支援が得られないこと、パレスチナ人もイスラエル経済に依存していること、さらには隔離壁の建設によってテロやインティファーダのような形でイスラエルに傷を負わせることが難しくなったことなどがあるだろう。
予想通りのイスラエル寄りの和平案。パレスチナ側の反発も織り込み済みで、国内キリスト教福音派へのメッセージと、ネタニヤフ氏の選挙応援も意図しています。
当事国に一つとだけ並んで発表する、事前にパレスチナ自治政府に説明も説得もしていないと思われる点で、最初から公平性を意識していないことがわかる。
問題は、これを支持するアメリカ国民がかなりいるとされている点。
つまり、中東和平をイスラエルの利益だけを強引に押し付けることで達成しようとすることを支持する意見がアメリカに多くいるということです。
ここが日本人には理解を超えています。
トランプ大統領が中東和平案を発表をすると言うが、その前からパレスチナ側が強い拒否反応を示している。どうしてもイスラエル側に偏った内容になるのではないか。
トランプ大統領、アメリカの考えは分かりにくいです。
このような取組を中東諸国は許すのでしょうか。

まず、2018年に中東諸国の反対を受けながら、アメリカ大使館をエルサレムに移転させました。

その一方、昨年からイランとアメリカの緊張が高まり、年初にアメリカのイランの司令官暗殺と、イランからその報復としてアメリカ軍基地にミサイル攻撃がありました。

もし、この双方が計算されて、中東の西で起こした緊張を東に移し、西のパレスチナ問題を解決しようとしていたら、トランプ大統領並びにアメリカは相当な役者です。

日本人としては、世界中での和平を望みますが、アメリカがこのように世界を手玉に取って暗躍するのは、将来的な火種を生むため、あまり好ましいとは思えません。
一方的な和平案ではまとまるわけがないと思いますが、絶対無理だろうと思うことをやってきたのがトランプ大統領です。
こんかいも大どんでん返しで、和平案がまとまればビックリです。
是非、驚かせてほしいです。
イスラエルとパレスチナの和平案なのにイスラエルのみと並んで発表するとかあまりに露骨すぎる。大統領選を控えての国内向けのアピールがメインなんだろうし、今のトランプ政権が「第三者」として中東和平を考える気など全然ないということがよくわかる。
これが仲介している立場から出てくる和平案ですか?
と見る目を疑ったのですが、専門家の方のコメントを読んで納得しました。やはり、トランプ大統領は、イスラエルのことしか考えていないのですね。

あっ、あと単純に大統領選挙対策にしか感じない…